トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 派遣社員の皆さんへ派遣法がどんどん悪い方向へ向かっています!

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 暇で楽な働き方
  3. 派遣社員の皆さんへ派遣法がどんどん悪い方向へ向かっています!

派遣社員の皆さんへ派遣法がどんどん悪い方向へ向かっています!

自民党が政権を取り、様々な法律が制定、改正等されています。

そんな折、労働者派遣法の改正案が今国会に提出されようとしています。

重大な変更点として

派遣社員の皆さんへ派遣法がどんどん悪い方向へ向かっています!

【現状】

現在は、一般業務に携わる派遣社員の受け入れは原則1年、最長3年までとなっています。 つまり3年を超えた場合は、派遣契約を解消し、企業が直接雇用しなければならないわけです。

また、企業が派遣労働者を受け入れている期間は、26の専門分野(通訳、財務処理等)については、特例として無期限。それ以外の「一般業務」は同じ職場で最長3年が期限です。。

いままでは26の専門分野に携わっている方は、高い専門性を活かして長期間同じ会社で働くことができました。さらに長期間働くことにより実績を認められ正社員になる方も多数いました。

【改正案】

改正案では、26の専門分野の無期限の特例を廃止し一般業務と同じ扱いにする。

そして、すべての労働者が、1つの職場で働ける期間を「最長3年」に制限する。

ほぼ全ての派遣労働者(高い専門性を持っている人も)は3年以内に違う会社に異動しなければなりません。

3年以内に必ず退職しなければならないので、派遣社員として働く場合は3年後(早ければ1年以内)にどうやって今後生計を成り立たせていくのか常に考えていかなくてはなりません。

高い専門性がある方も、この雇われ方ではまったく落ち着かないでしょう。仮に3年程度同じ会社に留まることができても3歳も歳をとってしまいます。また、別の会社に派遣されても、どうしても若い子のほうが有利になってしまいます。

ただし、改正案には、登録した派遣会社との無期雇用した労働者に関しては派遣期間を制限しないとの文面があります。

雇用主は、登録した派遣会社となり辞めるまで永久に派遣労働者となるということです。

つまり、「あなたが働いている間ずっと派遣労働者で大丈夫というのなら、同じ職場で働かせてあげますよ。」ということです。

労働者派遣法改正のまとめ

優秀な派遣社員の足元を見るような労働者派遣法の改正は、本当に許せません!

自民党が政権を取り、このような改悪は行われつつありますが、良くなっている点があります。それはアベノミクスによる経済指標の好転です。

企業業績の伸びにより、有効求人倍率も2017年4月現在1.43倍と明らかに以前と比べて正社員になりやすい環境が整ってきました。

今こそ高い専門性を持っている方を中心に正社員になるための行動を起こすべきです!

株の格言で有名な言葉があります。

「チャンスの神様には前髪しかない」

意味 チャンスとはここぞ!という時に掴まなければ手にできない。後から掴もうとしても手遅れである。

経済環境が良好の今の時期に正社員になることを逃したら、今度いつ経済環境が公転するか誰にもわかりません。しかも日本は少子超高齢社会です。将来的に悪くなることはあっても劇的に良くなることは人口動態からみてもないといってもよいでしょう。

正社員へなるための行動をするか?しないか?あなた次第です。

 

※会社の規模に関係なく、派遣社員や契約社員から正社員へ登用する流れも存在しています。ただし、「正社員登用制度」は当てになりません。

また、前述のとおり法改正に伴い正社員登用制度が有名無実化する可能性もあります。

そのため所属している派遣会社から正社員になるのではなく、直接転職活動をされたほうが間違いなくいち早く正社員になることができます!当サイトを参考にすれば、転職しやすい暇で楽な仕事が多数存在しています。ぜひ参考にして転職活動を行っていきましょう!

参考:働き方の違いによるメリット・デメリット比較

   今すぐ派遣社員から暇で楽な正社員へ転職しよう

ホーム

メニュー

暇で楽な働き方