トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 働き方の違いによるメリット・デメリット比較

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 暇で楽な働き方

働き方の違いによるメリット・デメリット比較

正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト。それぞれメリット&デメリットが異なります。違いを知ったうえでどの働き方があなたにとってよいのか考えていきましょう。

※それぞれの会社によって大きく働き方が異なりますので一般例としてご紹介させていただきます。(メリット、デメリットが正規雇用、非正規雇用重複する箇所もあります。)

ht

【正社員のメリット】

正社員は一度雇用契約をすると、雇用期間が終了したり、雇用契約の更新をしたりすることが、基本的にありません。会社の急激な業績悪化や社員の不祥事などよほどの理由がない限り解雇はできず、正社員は非正規雇用の人と比べて保護されています。(労働基準法でも守られている。)

賃金(年収、月収等)が、加齢とともに賃金が上がっていく企業が多い。賞与や退職金なども支払われる会社が多い。さまざまな手当てがある。

トヨタや航空会社などでは労働組合が強い力を持っており、定期昇給などで大きな力を発揮してくれる。また、労働組合のある会社では組合員として参加することができる。

転職する際、職歴を非正規雇用に勤めているより高く評価してくれる。日本はどうしても非正規雇用の職歴を軽視しがち。

安心感が段違いにある。

転勤などをすることにより全国各地の人間関係が広がる。

会社によっては、財形貯蓄などの将来に向けた制度を整えているところもある。

雇用保険なども義務付けられているため、会社の業績悪化や社会情勢の変化などの事情により仕事を失った時に失業保険などをもらうことができる。

非正規雇用は出世など一切ないが、正規雇用である正社員は出世の可能性が高い。

ビジネス能力を非正規雇用より身につけることができる。

会社のお金でスキルアップできる。会社のバックアップの元で研修や勉強会などに参加し自己の能力を向上することができる。

正社員の肩書は社会的信用が段違い。非正規雇用などは、ローン審査が厳しく家などを持つことが非常に厳しい。正社員などはその点が全く異なりローン審査などが通りやすい。

正社員として働けば厚生年金や各種保険に加入でき、福利厚生も充実している会社が多いです。老後も、契約社員や派遣社員、アルバイトと比べると厚生年金の額も多いため安心して生活することができます。

【正社員のデメリット】

業務命令に原則従わなければならない。残業、休日出勤なども場合によって応じなければならない。突然の人事異動もときにはある。

日本経済が不景気な時は、正社員の募集も少なくなり雇用されるのが厳しくなる。

正社員であっても会社の業績が傾いたりした場合には、リストラや降格、減給などがあることもある。

自分がやりたい職種、仕事が必ずしもできるとは限らない。

契約社員や派遣社員、アルバイトと比べると責任が重い。

新卒者や第二新卒、20代の正社員は、「将来性」。30代以降の正社員には、「即戦力」としての能力が期待されている。

【契約社員のメリット】

仕事内容が雇用契約によって定められるので、労働時間、労働条件、勤務内容などを使用者との話し合いのもと、契約社員の意思によって決めることができる。雇用契約の内容次第で、残業や転勤もない。

契約期間が終わればすぐ辞めることができる。雇用会社によっては、正社員の道もあり得る。

退職金や賞与がないため、正社員よりも契約社員のほうが月々の給与を高く設定している会社もある。

【契約社員のデメリット】

賞与がない場合がほとんど。

雇用契約終了後、契約更新または正社員に雇用されなければ職を失う。

退職金制度もなし。昇給なども一切なし。

正社員と比べて安定性がない。

【派遣社員のメリット】

派遣先でトラブルなどがあっても、契約期間終了で退職できる。

正社員などでは働くことが難しい大手の会社で働くことができる。

残業や休日勤務などがない。

いろいろな職種の職業を経験することができる。

一つの会社に縛られずに働くことが可能。

勤務地や曜日、時間などを考えて仕事を選ぶことができる。

就職経験がなくても採用されやすい。

労働者派遣法の改正により、ほぼすべての職種で働くことが可能。

専門のスキルをいかして仕事をすることができる。

【派遣社員のデメリット】

雇用が不安定。契約終了後、更新があるか分からない。

賞与がない場合がほとんど。多くが時給換算なので休みが多いと収入が減る。

社会的身分が低く、住宅ローンなどが組みにくい。

重要な仕事が任せてもらえないこともある。

正社員以上の仕事をやらされるなど過度の仕事を任されるところもある。

技能向上しても評価が上がりにくい。

【アルバイトのメリット】

暇で楽な仕事を探しやすい。件数も多い。

短期間ですぐに辞めることができるなどの自由がある。

仕事のかけもちがしやすい。

責任が少ない。気楽。

他の働き方と比べると、勤務日や勤務時間を調整しやすい。

いろいろな仕事を体験しやすい。

1日または1週間辺りの労働時間が短いため、肉体的・精神的に楽な状態で働くことができる。

定年後の空き時間を活用して働くのに向いている。

家事や育児の時間を確保しやすい。

【アルバイトのデメリット】

業績などが悪化すると真っ先に解雇されやすい。

社会保障などの保証がない場合が多い。

長期間働いても昇給が少ない。

雑用等の仕事が多い。

一定以上の収入があると扶養から外れてしまう。

賞与や退職金がない場合がほとんど。

通勤費が支給されない勤務先が多い。

働き方の違いによるメリット・デメリット比較 まとめ

いかがでしょう?

正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトすべてにメリット、デメリットがあります。

その中でもやはり正社員のメリットが際立っていると思います。

暇で楽な仕事の中にはアルバイトや契約社員などの仕事ももちろんたくさんありますが、正社員の仕事も当サイトでご紹介しているように数多く存在しています。

やはり長い目でみてご自身に一番プラスになる働き方は間違いなく正社員です。

これは間違いありません!!

現在、労働者全体のうち契約社員や派遣社員、アルバイトなどの非正規雇用で働く人の割合が、2016年に戦後で最も高い37.4%に達しました。まだまだ非正規雇用で働く人の割合は高まっていくことでしょう。

暇で楽な仕事であれば、多大なメリットのある正社員として働くことができます!!

なぜなら当サイトでご紹介している仕事が、暇な仕事、楽な仕事だと気がついていない方がまだまだ多いからです。そのため比較的スムーズ(競争が激しくない)に正社員に就職することができるのです!

この機会に暇で楽な正社員の仕事を探して働くことが、長い人生にとっていかに有意義かということについて今一度考えていただけたら嬉しいです。

適性のある暇で楽な仕事(正社員)を探し、転職サイト転職エージェントを利用して就職すること。そして、細く長く続けることが結果的にみて一番ご自身にとって良い結果になると、当サイト管理人であるナオは確信しています!!

参考:暇で楽な正社員で働く5つの大きなメリット

   今すぐ派遣社員から暇で楽な正社員へ転職しよう

   実はよく知らない「福利厚生」!?全種類を大公開!

ホーム

メニュー

暇で楽な働き方