トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 非正規雇用より正規雇用が良い理由(年金編)

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 暇で楽な働き方
  3. 非正規雇用より正規雇用が良い理由(年金編)

非正規雇用より正規雇用が良い理由(年金編)

非正規雇用を続けていると、期間の差こそあれ年金の未納期間がある方も多いでしょう。

今では、ねんきん特別便によりあなたの年金の加入歴は丸わかりです。あなたの加入履歴を具第的な数字で把握すると将来の危険性がわかることでしょう。30歳を超えて未納期間ばかりでは将来キツくなってきます。

そのような不安を解消するための特効薬が、暇で楽な仕事に就職することです。暇で楽な仕事に就職することができれば国民年金+厚生年金も会社側が半額支払いをしてくれます。

このことがあなたの心に平穏をもたらすことでしょう。

参考:働き方の違いによるメリット・デメリット比較今、フリーターやニートをしている人へフリーターから正社員への就職を目指している方へ

年金

逆に暇で楽な仕事に就職せず、年金を支払わないとどのようなことが起きるか考えてみましょう。

非正規雇用やニートを続けて年金を支払わないとどのようなことが起きるの?

1. 国民年金などの年金を支払わないと、将来公的年金を1円ももらえなくなります。

2. 遺族年金や障害給付の2つの給付金が、もしものとき、もらえなくなります。

3. 保険料未納の対応が年々厳しくなっており、未納状態を続けていると、督促や財産を差し押さえられる可能性もある。

と厳しい状況に追い込まれてしまいます。

この機会に年金に関するちょっとした疑問点も解決していきましょう!

年金のもらうためには何年払い続ければよいの?

25年間です。この受給資格期間は、国民年金だけではなく厚生年金や共済年金に加入して保険料を払っていた期間もすべて合算した年数のこと。この累計が25年あれば年金が支払われるということです。国民年金を満額もらうためには、40年間も支払い続ける必要があります。

25年に満たない人は、国民年金はもちろん、厚生年金、共済年金も一切支払われません。

これまで支払ってきた保険料はすべて掛け捨てになってしまうのです。

厚生年金5年(会社員の期間)+国民年金20年(自営業の期間)=25年

という場合でももらうことができます。

25年も支払い続けるためには、暇で楽な仕事で細く長く働くことが支払いの秘訣です!!

暇で楽な仕事なら労働強度も強くないものが多いですし、人間関係さえ良好なら働き続けやすいでしょう。

毎月の年金支払額も本当にバカにならないぐらい高いですから、絶対に暇で楽な仕事をしてサラリーマンや公務員をしていたほうがお得ですよ!!

年金の保険料は何歳から何歳まで払わなくてはいけないの?

年金の払い込みの年齢は、基本的に20歳から60歳までです。

払い込み期間が短い場合は、60歳から65歳まで国民年金を追加で支払い続けることもできます。

日本は、年々平均寿命が伸び続けています。体が年々弱ってくるのに年金を支払っていないととんでもないことになりかねません。

公的年金(国民年金、厚生年金等)は何歳になったらもらうことができるの?

原則は65歳です。現在、60歳前後の年齢であれば60歳から64歳から繰り上げ受給してもらうことも可能です。繰り上げ受給する場合は、受け取る年金額は減ります。

5年繰り上げた場合、30%年間の支払額が減額されます。

若い世代が公的年金をもらうときには、働き続ける期間も65歳から70歳、75歳と長くなるでしょうし、年金の支払の年齢も70歳近くになっているでしょう。

国民年金を40年支払い続けたらいくらもらうことができるの?

満額支払った場合、年間77万9300円もらうことができます。(2017年現在)

月額に直すと、6万4941円となります。

公的年金(国民年金、厚生年金等)は何歳になったらもらうことができるの?

サラリーマンが加入するのが厚生年金です。自営業者や非正規雇用の方が加入するのが国民年金です。別の年金のようですが、上に乗っている上乗せ部分があるか、ないかの違いだけです。下表を見ていただければ分かりやすいでしょう。

厚生年金に加入している人は、国民年金も加入しており、国民年金+厚生年金を毎月の給料から支払い続けています。(厚生年金を支払っている人は、半分保険料を会社が負担してくれています。)

厚生年金等を支払っていれば、国民年金に加算されて2階、3階部分ももらうことができます。

年金表

毎月の支払額はいくらなの?

平成29年度国民年金の毎月の支払額は、16,490円です。

支払額も年々増加傾向にあります。

未納分は何年分までさかのぼって納めることができるの?

原則過去2年間分までです。

非正規雇用より正規雇用が良い理由(年金編) まとめ

国民健康保険と同様に年金もサラリーマンであれば半分は、会社側が支払ってくれるという部分が決定的に魅力的ですね!特に年金の場合は、上の図表を見て頂いてもわかるように、サラリーマンで働いてさえいれば国民年金+厚生年金をもらうことができます。この違いは、年齢を重ねる度に重みを増していくことでしょう。

国民年金(年間77万9300円)だけで老後の生活をすべて賄っていくことは、正直厳しいのが現状です。厚生年金に加入できるメリットを今一度考えてみてください。

当サイトでご紹介している正社員の暇で楽な仕事に転職することができれば、年金に関する不安要素を解消することができます!!

あなたにとって懸念となっているものを解決することができれば、より毎日の生活が充実してくることでしょう。

参考:非正規雇用より正規雇用が良い理由(保険関係編)

   実はよく知らない「福利厚生」!?全種類を大公開!

ホーム

メニュー

暇で楽な働き方