トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 非正規雇用より正規雇用が良い理由(保険関係編)

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 暇で楽な働き方
  3. 非正規雇用より正規雇用が良い理由(保険関係編)

非正規雇用より正規雇用が良い理由(保険関係編)

非正規雇用から暇で楽な会社の正規雇用の職員になると、社会保険関係の費用が大きく削減することができます。

ここでは非正規雇用が加入している国民健康保険の特徴やデメリット、国民健康保険の高額な費用などについて詳しくご説明させていただきます。

ぜひ参考にしていただいて非正規雇用から暇で楽な会社の正規雇用の職員となり、高額な国民健康保険地獄から抜けだしていきましょう!

参考:働き方の違いによるメリット・デメリット比較今、フリーターやニートをしている人へフリーターから正社員への就職を目指している方へ

非正規雇用だと国民健康保険に加入している場合が多い。

国民健康保険は、社会保険に加入することができない非正規雇用や自営業者、無職の肩のためにあります。

国民健康保険とは、国が運用しているような名前ですが、実際に運営しているのは市町村単位です。住んでいる地域によって、払う保険料が全く異なります。

その地域格差が非常に大きいのが国民健康保険の特徴です。

国民健康保険

国民健康保険の重大なるデメリット

1. 正規雇用が加入している社会保険(健康保険)に比べて保険料が高い場合が多い。中にはとんでもなく高い保険料を取られるところもあります。

2. 保険料の支払い方法が異なる。健康保険は、毎月給料から保険料が天引きされますが、国民健康保険は、自宅に送付された納付書で自主的に支払うシステムになっています。現在、国民健康保険は滞納者が多く既存の利用者の保険料の値上がりが続いています。

3. 国民健康保険は、会社が保険料の半額を負担してくれない。正規雇用が加入している健康保険であれば、毎月支払う保険料の半分を勤務先の会社が負担してくれます。全額自己負担の国民健康保険は圧倒的に不利です。

4. 国民健康保険は、健康保険にあるような給付金がない。健康保険には、傷病手当金というものがあります。傷病手当金とは、病気や怪我で働けなくなって仕事を長期に休業した時に、普段もらっている給料の3分の2のお金を最長で1年半もらうことができます。

国民健康保険には、このような制度はありません。健康保険には、他にも働いている女性が産休を取ったときにもらえる出産手当金(給料の3分の2を98日分支給)も健康保険だけにあります。

5. 健康保険の扶養家族は、保険料無料で保険証を使うことができる。国民健康保険では、扶養家族が1人でも増えると「均等割」といって、頭数に応じた保険料を上乗せでプラスされます。健康保険には、扶養家族の数は、保険料の計算には全く関係ありません。独身でも10人家族でも給料が同じなら世帯主が払う金額は同じです。

結婚して世帯人数が増えたら、国民健康保険では必ず保険料が跳ね上がるので非正規雇用のままだと苦労を味わうことになるかもしれません。

6. 国民健康保険は国民年金だけ。健康保険は、国民年金+厚生年金がセットで加入される。

年金は本人の意志に関わらず強制加入です。非正規雇用の場合は、国民年金も国民健康保険と同様に全額自己負担ですが、正規雇用であれば、国民年金+厚生年金も会社が半分を負担してくれます。

年金は、長期的な目線で見る必要があります。この厳しい時代に非正規雇用を続けていたら取り返しの付かない差になっていく可能性大です。

国民健康保険地獄から抜けだそう!!

国民健康保険が全国で一番高い市はとんでもないことに!

全国で一番国民健康保険料が高額な市町村は、広島市です。

広島市の場合、年収400万円の自営業者(単身、独身)ですと、

年間636,735円もの国民健康保険料を納めなくてはなりません。

冗談のような金額ですが、本当です!

この金額に国民年金、所得税、住民税、消費税、自動車税、固定資産税、酒税、たばこ税、贈与税などの税金を追加で払っていたら間違いなく生活は厳しい状況に陥ります。

そのような最悪な状態に巻き込まれる前に、サラリーマンとなり健康保険に加入しましょう。

健康保険に加入するための条件は、

① 1日または1週間の所定労働時間が一般社員の概ね4分の3以上

② 1ヶ月の所定労働日数が一般社員の概ね4分の3以上

です。

暇で楽な仕事に就職することができれば、社会保険料も安くすることができますし、年金も大きく増加します。そして、暇で楽な仕事のためあなたの空き時間も大きく増えかつ給料も大きく増加します!

迷って行動を起こさないことが一番の損です!行動を起こすことでしかあなたの人生を変化させることはできません。今が行動すべき時でしょう!!

非正規雇用より正規雇用が良い理由(保険関係編) まとめ

非正規雇用だと国民健康保険となり重大なるデメリットのある国民健康保険に加入し続けなくてはならなくなります。また、現在フリーターやニートをされている方で、親御さんの社会保険(サラリーマン)の扶養家族になっている方もいるでしょう。親御さんもいつまでもサラリーマンを続けられるわけではありません。親御さんが65歳を過ぎれば国民健康保険に加入しなければならなくなり、あなたも扶養家族でいれなくなります。

そのようなことを考えても、非正規雇用やニートでいつまでもいるより間違いなく正規雇用の暇で楽な仕事に就職したほうがよいとオススメできます!!

しかも、国民健康保険料は所得税や住民税とは異なり、扶養控除や社会保険料控除が認められないだけでなく、扶養人数が多いほど高くなります。また、40歳~64歳は介護保険料を請求されるため、高い地域の場合、年収の20%以上が国民健康保険料という、生活する上で非常に厳しい結果になる場合もあります。(上記広島市の事例のように)

国民健康保険から社会保険に変更するだけでも毎月大きく節約することができますよ!

参考:非正規雇用より正規雇用が良い理由(年金編)

   実はよく知らない「福利厚生」!?全種類を大公開!

ホーム

メニュー

暇で楽な働き方