トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 フリーターから正社員への就職を目指している方へ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 暇で楽な働き方
  3. フリーターから正社員への就職を目指している方へ

フリーターから正社員への就職を目指している方へ

悩みや疑問点を解決して暇で楽な正社員へ就職しよう!

『もうそろそろ30歳も近くなってきたし正社員に就職しなければいけないな~』と思い就職活動を本格的に行いはじめたものの、次のような悩みを抱えている方がいます。

「フリーターから正社員を目指して転職活動をはじめたものの、自分の思ったようになぜか就職活動がすすまない・・・」

「未経験者歓迎の正社員求人限定で応募を続けているけど、なぜか不採用が続いている・・・」

「今まで音楽や美術活動を生活の中心に据えていてアルバイト生活だった。どう就職活動したらよいのか・・・?」

などフリーターから正社員へ就職するには、色々な悩みを抱えている方も多いのが現状です。その悩みを解決して暇で楽な正社員の仕事で働けるよう頑張っていきましょう!!

参考:非正規雇用より正規雇用が良い理由(年金編)

   非正規雇用より正規雇用が良い理由(保険関係編)

   あなたの知らない「職歴なし」の疑問点!Q&Aでわかりやすくご紹介

   30歳以上の転職・再就職の現状を知ろう

   真剣に悩むあなたへ!転職・再就職時の疑問解決集

fk

就職活動におけるちょっとした疑問点

なぜ?フリーターから正社員の就職が難しいの?

企業側から見たフリーターのイメージが「根気がなさそう」「責任感がなさそう」「経験値が乏しそう」「ダラダラしていただけでは?」「正社員として長く勤務できるの?」「忙しい時期に残業や休日出勤は可能なの?」などどうしてもマイナスのイメージが強くなってしまうのが、フリーターという身分です。

中には根気もあり、責任感もあり、その分野の経験値もあり、生活もメリハリよく規則正しい生活を送っている方もいますが、マイナスイメージがどうしても先行してしまいがちです。

履歴書や職務経歴書などの書類だけでは、今までの履歴内容が書かれているだけなのでイメージを払拭するのは厳しいかもしれません。書類審査を通過したあとの面接時が絶好のアピールチャンスです。

面接時にあなたのやる気を全面に出してアピールしてください!!

そうすればマイナスのイメージがプラスのイメージに変わり採用に近づくことができるでしょう。

面接でのアピールの仕方は、就活における面接のコツでご紹介させていただいております。面接も場慣れやコツが必要なのでぜひ参考にしてください!

フリーターから正社員に採用されるコツ

企業側が、フリーターに求めているものを面接時に訴えることが採用されるコツです。

それは何か?

企業側が一番フリーターの方に求めているのは、やる気です!!

それを決して忘れないでください。

採用される人の共通点は何?

世の中には、もちろん社会人経験なし、アルバイト経験しかなくても正社員へ採用される人はたくさんいます。就職活動はどうしても大変になりがちですが、内定を得られている方はいます。そちら側に入るにはどうしたらよいのか。

フリーターから就職できる人の共通点はいくつかあります。

 

・経験不問・未経験歓迎の業種を優先して応募している。

・履歴書、職務経歴書の内容は、手書き、写真にも気を遣い、やる気を全面にアピールしているなど他の人との差別化を図っている。

・働きたい分野の資格などを積極的に習得して自己啓発している。

・志望動機をしっかり準備している。なぜ?あなたがその暇で楽な会社で働きたいのか。一番基本で大切な部分を深くあなた自身が考え、その内容を面接時にアピールできている。

・面接時のコミュニケーション能力。会話のキャッチボールが上手くできるか。表情や誠実さも大切なポイントです。

・やる気がある!書類や言動などからやる気が溢れでていれば人事担当者の評価は大幅アップします。なぜなら、そのような人を採用すればその会社の周りの人にも良い影響を与えるからです。

・実務経験を掘り起こし、応募している暇で楽な仕事で活かせる経験を具体的に示している。

・今後は末永く暇で楽な仕事の正社員として会社に貢献したい意思を示している。

・労働条件などに問題がないことを示している。

・安定や楽な生活をしたいという理由による転職・再就職ではなく、暇で楽な正社員だからこそやりたいことを示している。

 

など、他の人とは違う何かをアピールすることができる人(複数重なっているとなお良い)は間違いなく採用されやすくなります。

参考:これだけは知っておきたい企業が求める人材の特徴

フリーターと正社員の生涯賃金は、どの程度差があるの?

正社員の生涯賃金:一生涯 1.5~3億円

フリーターの生涯賃金:一生涯 5~6千万円

 

おおよそ1~2億円以上の差があります!!

その他にもフリーターの場合、昇給が少ない、ボーナスがない、人員整理されやすい、退職金がない、医療保険や年金の補助がない、会社の福利厚生を利用できない、雇用保険や労災保険に加入できないなど正社員と比べると不利な要素が多くあります。

また、一生フリーターで働いていこうと考えている方もいるかもしれませんが、50代、60代ともなってくると雇う側の上司が年下になってくることもあり、段々と働きづらくなってくることも考えられます。

恐ろしいのは、20代のうちはそれほど大きな差はありません。しかし、フリーターや派遣社員、契約社員などの非正規雇用の方は、年令に関係なく年収はほぼ横合いです。時間が過ぎれば過ぎるほど、正社員との大きな開きがでますし、正社員で採用される可能性が下がってしまいます。

正社員の中にも暇で楽な仕事をしながら、1.5~3億円という大金を一生涯で稼いでいる人はたくさんいます。暇で楽な正社員の仕事をあなたが探すことができ、就職することができたならフリーターより充実した毎日を過ごすことができるでしょう。なぜなら、そのような仕事ならたくさん空き時間や自由になるお金があるので、あなたの夢や趣味を今以上に充実させることができるからです!

また、正社員になっても全てを会社に捧げる必要はありません。責任や役割は、今より重くなるでしょうがメリハリよく仕事をこなすことができれば、夢や趣味との両立は十分可能です。

※NHKのフリーター特集番組内でも、正社員とフリーターとの生涯賃金の格差紹介が行われています。終身雇用の正社員と終身フリーターの生涯賃金の差は、4対1と圧倒的な格差がありました。

このようにフリーターのままでいると様々なデメリットが降りかかってくるのです!

参考:働き方の違いによるメリット・デメリット比較

   今、フリーターやニートをしている人へ

このままフリーターやニートでいるとどうなるの?

フリーターやニートを30歳以降も続けていると、ある年齢から年齢制限に引っかかったり、給料の安い皆がやりたくない仕事しか残されていなかったり、資格や経験などで採用基準に入らなくなってしまったり、応募しても面接にすらいけなくなってしまったりと様々な面で不利になってきます。

また、単身20代の6割が資産ゼロという衝撃的な事実もあるように、フリーターやニートを続けていると何歳になっても大きな額の貯金をすることができないため、なにか困ったことが起きてしまうとすぐに生活が行き詰まってしまいます。

このようにフリーターやニートを30歳以降も継続し続けてしまうと、正社員として再浮上することが困難になってしまいますし、非常に不安定な状態で生活をしなければならなくなってしまいます。そのため少しでも早く暇で楽な仕事へ就職されることをおすすめします!!

参考:やりたい暇で楽な仕事の見つけ方

   なるべく早く、暇で楽な長く続けられる仕事を探そう

   暇で楽な正社員で働く5つの大きなメリット

   引きこもりニートの方は暇で楽な仕事へ就職してみよう

   親子の共倒れを暇で楽な仕事で回避しよう

どうやって未経験者歓迎などの正社員求人を探すの?

フリーターから正社員になるためには、当サイトでご紹介している就職サイトに登録するのが一番の近道です!!

利用者の口コミなどの情報を元にランキング形式で就職サイトをご紹介しています。就職サイトでは、未経験者歓迎の正社員求人や社員登用制度ありの求人が多数掲載されています!!

本当におすすめできる転職サイトプロによる指導が期待できる転職エージェントを活用することが正社員への道です。

全ての就職サイトが完全無料、簡単登録することが可能なのでぜひ登録してみてください!

参考:転職サイトで探す、隠れホワイト企業の見つけ方

   転職サイト・エージェント登録者数ランキング

ホーム

メニュー

暇で楽な働き方