トップ

真剣に悩むあなたへ!転職・再就職時の疑問解決集

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 暇で楽な働き方
  3. 真剣に悩むあなたへ!転職・再就職時の疑問解決集

真剣に悩むあなたへ!転職・再就職時の疑問解決集

転職活動中の疑問点を解決しよう!

暇で楽な仕事に、転職・再就職したいと考え、転職活動をしている最中にふとした瞬間にわき起こる疑問点をここではご紹介させていただきます。実践的な回答もあわせてお答えさせていただいておりますので、転職活動に失敗しないためにもぜひ参考にしてください!

参考:転職・再就職を成功させるための3つの原則

   転職・再就職で失敗しないために大切なこと

   転職・再就職を失敗してしまう7つの特徴

真剣に悩むあなたへ!転職・再就職時の疑問解決集

転職活動中の疑問点1

今の仕事が辛すぎるため、仕事を辞めたいと考えて、在職中に転職活動を行っています。転職・再就職は初めてのため、自分にあった職種や職業がよくわかりません。どうすれば失敗しない転職活動ができますか?

答え 

転職・再就職の場合、新卒の就職試験の時以上に自分の適性や向いているものを理解していないと、失敗しない転職活動をすることができません。そのため転職・再就職を考えた際は、キャリアの棚卸しをして自己分析することキャリアコンサルタントを活用したキャリアカウンセリングをして、具体的なキャリアプランを考えていかなければなりません。

そのようにして、どのような暇で楽な仕事で働きたいのかを見極めていきましょう。

そして、その後は入社したい会社の雇用体系や勤務時間、休日数、就業場所、従事する業務内容、事前に注意すべきことなどを把握しておきましょう。どうしてもわからない不明な点があれば、会社に直接聞くなどして内容を十分に理解してから応募していきましょう。

転職・再就職は、キャリアアップであると同時に、今まで積み上げてきた職場から退職するというチャレンジでもあります。そのため人生の転機だという認識を持って、転職活動に関する全ての事柄に対して面倒くさいと感じることなく、積極的に自らすすんで出来ることを行っていきましょう!

出来ることを全て行った結果、転職活動に失敗をしたのならば後悔はそれほどないはずです。中途半端な気持ちで何となく転職活動を行っていると、ほぼ十中八九転職に失敗をするため十分に注意してください。

また、自分の適性を知るためには、職業診断や職業診断テストを活用する方法もあります。これらは、ハローワークや転職サイト転職エージェントに会員登録することにより行うことができます。

これらのことを実施して、自分が末永く働くことができる暇な楽な仕事を探しだしていきましょう!

参考:人にはそれぞれの適正がある

   やりたい暇で楽な仕事の見つけ方

   気楽な仕事の魅力

   なるべく在職中の転職活動を心がけていこう

   転職・再就職で成功するコツ

   仕事選びポイント

   世間体を気にしすぎてはいけない

転職活動中における疑問点2

転職・再就職したい暇で楽な仕事の転職情報を知るためには、どのようなことをすればよいの?

答え

転職先の求人情報や内情を知るために、一番有益なのは転職サイト転職エージェントを活用することです!

特に転職エージェントでは、暇で楽な仕事や会社の内情を把握しているキャリアコンサルタントから直接話を聞くことができるため、転職に絶対に失敗しなくないという方は必ず登録されることをおすすめします。

その他にも、その会社で知人や友人から直接聞くことや就職四季報などを活用して客観的なデータを確認することも有益です。

参考:効率よく就職したいなら転職エージェントを有効活用しよう!

   転職サイト・エージェント登録者数ランキング

   失敗しない転職活動での情報収集

転職活動中の疑問点3

転職・再就職したい暇で楽な会社へ直接連絡して、職場情報を入手することや転職活動をすることも可能なの?

答え

真剣にその会社へ入社したいと感じているのであれば、遠慮なく人事担当者や総務担当者へ連絡してみることをおすすめします。転職・再就職に成功している人の中には、直接会社へ連絡して面接の段取りを勝ち取り、その会社へ就職した人も存在します。

会社によっては、職場見学や工場見学なども快く応じてくれる会社もあるため、ダメなんじゃないかとマイナス思考に考えるのではなく、絶対に何としても入社してみたいと考えている暇で楽な会社があれば、後悔しないためにも積極的に電話連絡をしてみてください!

参考:工場・製造業へ求職する前に工場見学に行こう!

   おすすめの工場見学ランキング

転職活動中の疑問点4

転職サイトや転職エージェント、新聞の求人欄、ハローワークの求人欄に経験者優遇と書かれている場合は、採用される可能性は全くないの?

答え

企業側としては、年齢制限に明らかに引っかかっている場合は採用したくないというのが本音でしょう。しかし、年齢制限に引っかかっていない場合であれば、あくまでも「優遇」というだけであるため、未経験者だから絶対に採用されないというものではありません。

そのため今までの社会人経験や仕事への意欲、コミュニケーション能力、スキルや資格、前職の知識の転用などを面接時にアピールしていきましょう。

30代や40代、50代の転職・再就職の場合、会社によっては幹部になるための力や即戦力を期待している場合が多いため、事前に本を読んだり、インターネットを活用して知識を得たり、キャリアコンサルタントから業界に対する知識を得たりするなど業界や会社に対する事前知識を頭のなかに入れておくと、面接時にやる気のある転職者だということをアピールすることができます。

※◯年以上の☓☓経験者、経験者優遇という表現は、目安でしかありません。実際に企業がどれほどのスキルを求めているのかというのは、実は面接でないと正確にわかりません。そのため極端に条件に外れている場合でなければ、あまり気にせずに応募してみることが大切です!

参考:なるべく早く、暇で楽な長く続けられる仕事を探そう

転職活動中の疑問点5

暇で楽な仕事で働くためには、何かの資格を事前に習得しておいた方がよいの?

答え

暇で楽な仕事の中には国家資格が必要な職業もあります。例えば、薬剤師や看護師、医療事務、放射線技師、トラックドライバー、タクシーの運転手、図書館司書、自動車学校指導員です。

これらの暇で楽な仕事に転職・再就職したい方は、資格を保有していない場合、専門学校や大学、ユーキャン、自動車学校に入学するなどして、まずは資格習得を目指していきましょう。

それ以外の暇で楽な仕事であれば、専門の資格は特に必要ありません。資格は、持っているに越したことはありませんが、一番大切なのは実際の実務がしっかりできることです。

そのため周囲との協調性や仕事や会社への対応能力を高めることに力を注ぎ、ゆとりがあれば資格を習得していくという流れで転職活動を行っていくとよいでしょう。

※その職場に入社するために絶対に必要な資格であれば別ですが、資格は転職・再就職を成功させるツールだと考え、まずはやりたい暇で楽な仕事へ向けて転職情報を収集することや転職サイト転職エージェントに会員登録するなど実務的なことを行っていきましょう。

参考:転職・再就職に有利になる資格

   転職で役に立たない資格を習得してはいけない

   お金に繋がる資格のとり方

転職活動中の疑問点6

転職に失敗しすぎて転職回数が増えすぎてしまった結果、履歴書に以前の職歴を書くスペースがありません。どうしたらよいのでしょう?

答え

転職回数が増えすぎてしまった場合、面接官に悪い印象を与えないためにも、履歴書の他に別紙を添えて記載していきましょう。また、以前の仕事を辞めた理由を必ず面接時に聞かれるため、前職を辞めた理由を愚痴りすぎないように注意しましょう。前職の待遇や給料、人間関係、上司の悪口、労働環境、休みの少なさなどを愚痴りすぎてしまうと、この会社でもそのようなことを思って働き続ける人なのかと、面接官に間違いなくよく思われません。

そのため自分の辛い思いや経験を伝えるのはひとまずやめて、自分がその会社の行っている業務と興味をもった理由や入社したい会社に適性を感じているため就職したいと思いましたなどやる気をアピールした方が効果的です。

面接官は、転職回数が多い応募者に対して、自社においても定着しないことを考えます。反省すべき点は反省し、飽きっぽい、諦めが早いなどの印象を持たれないためにも、今後のスタンスをきちんと示すことが大切です。

これ以上、転職回数が増えないためにも、転職活動期間中は自己を見つめなおし、反省すべき点は反省して、同じ失敗を繰り返さないようにしていきましょう!

 

※安易に転職を繰り返しすぎてしまうと、職を転々とする「ジョブホッパー」だと人事担当者に思われてしまいます。また、問題解決能力のない人、調整能力の欠ける人、自分勝手な人、勤務態度が悪い人とも思われてしまいかねません。

そのため当サイトを参考に、長く続けることができる暇で楽な仕事に転職・再就職できるよう努力していきましょう!

参考:就職活動時の秘訣

   失敗しない履歴書の書き方人事の目に留まる職務経歴書の書き方

   最低限これだけは!応募マナーを知っておこう

   転職面接の流れとチェックポイント

   面接は場慣れが必要

   面接官が本当に知りたい!面接でよく聞かれる10の質問

   転職面接で失敗しないための11のコツ

   役員面接のコツ

転職活動中の疑問点7

目的の暇で楽な仕事をしている会社へ転職・再就職が決まりました。転職先で、気をつけることを教えて下さい?

答え

何歳で転職・再就職した場合でも、その職場では新人であるため何事に対しても積極的に取り組み、そして常識ある立ち振る舞いを行っていきましょう。プライドが高過ぎると、職場の同僚や上司、関係先から間違いなくよく思われません。そのためプライドが高く、積極的に何事も行動しないような態度をしていると、職場でパワハラやセクハラ、マタハラ、職場いじめのターゲットになる可能性が高まってしまいます。そうなると精神的な苦痛を感じながら仕事を行わなければなりません。

せっかく目的の暇で楽な仕事へ就職できたのですから、暇で楽な時間を味わうためにも大人な対応をして、なるべく職場内の関係者の反感を買わないように仕事をしていきましょう。

※その他の入社後の留意点

新しく入った会社では、これまでの会社の常識が通用しない場合があります。相談相手がいない状態ではストレスも溜まりやすいため、入社後1年程度は気をつけるべき点には、留意していきましょう。

1. 会社の経営方針を不用意に批判しない。

2. 経営方針を理解し、上席の指示を優先する。

3. 新入社員時は、早めの出勤と遅い退社を心がける。

4. 出すぎた行動には、気をつける。

5. 会社の主流派と行動をともにするようにする。

6. アフター5の付き合いも誘われたら適度に行く。

7. はじめのうちは暇で楽な仕事でも、給料の一部は我慢料だと思って割りきって働く。

8. 相談できる仲間がおらずに孤立した人は、離職率が高くなる傾向にあります。そのため同期に入社した人や研修で一緒になった人、同年代の人を探して同期のように付き合えるような人間関係を築いていきましょう。

9. プライドはある程度捨てることも必要。

10.暗黙のルールを早く知る。

11.会社に何を求められているかを意識して仕事をする。

12.なるべく早めに一定以上の成果を出す。(やる気を見せることも最初の頃は大切。)

13.目線を下げずに仕事に取り組む。

14.せっかく暇で楽な仕事をしている会社に入社できたのだから、最低1年は頑張る。

参考:快適な職業生活をするための秘訣

   転職者が転職先で失敗する3つのポイント

転職活動中の疑問点8

同職種の仕事に転職・再就職するためのコツを教えてください!

答え

同職種の転職は、当然会社側も即戦力と期待して採用を検討します。そのため求められている実務を把握して、面接時にはできることを具体的にアピールしていきましょう。

また、面接官はなぜ?同職種である前職を辞めたのか疑問に思っているため、応募する暇で楽な会社の企業研究を行い、会社の特徴や独自性を十分把握したうえで、応募企業だからこそできる具体的理由と将来ビジョンを説明していきましょう。

※同職種の仕事に転職する場合、前職の経験を活かしたうえで、新たな気持ちで心機一転取り組む姿勢を示していきましょう。経験者だから覚える必要がないというような態度や姿勢だと、面接時に人事担当者に見破られてしまう原因になってしまうため注意してください!

そして、無事に同業種の仕事に転職できた後も、「以前の会社ではこうだった」という発言は極力控えるようにしましょう。たとえ的を得た発言であっても、好意的に受け止められることは少ないです。そのため提案するときは、過去の勤務先との比較ではなく、具体的な根拠をあげて「このように改善をしたほうが良いのでは?」という方法で提案されることをおすすめします。

参考:暇で楽な仕事で働くために縁故採用も検討しよう

転職活動中の疑問点9

未経験の暇で楽な仕事の業種や職種に転職する場合、会社側から求められていることは何ですか?

答え

会社側は、未経験の暇で楽な仕事への転職であっても、共通するスキル(ビジネスマナーや職務経験、コミュニケーション能力など)を活かして短期間で戦力になれる人材を求めています。そのため会社側が未経験者を募集する目的をしっかりと理解したうえで、経験者にはないフレッシュさをアピールしていきましょう。

アピールした結果、人事担当者に「このような異業種の経験を持つ人材は、これまでうちにはいなかった」と感じさせることができれば、採用の可能性がより高まったといえます。

また、未経験だからといって入社までに期間があるのであれば、不足するスキルや知識を自主学習しておきましょう。未経験だからといって会社任せにするのではなく、自主的に学習をしている方はやる気がある人材だとアピールすることができます。

未経験の人材を求人している会社の中には、なかなか人材が集まらない業種や業界、職種のため未経験者の募集をあえてしている場合もあります。この場合、ブラック企業である可能性が高くなるため十分に注意しなければなりません。事前にインターネットなどで会社調査するなどして、ブラック企業に誤って入社することだけは十分に注意してください!

※未経験の暇で楽な仕事の業種や職種に転職をする場合、面接時に以前勤めていた会社の経験談などを述べる際は、「ひけらかさず、卑屈にならず」が鉄則です。特に以前の会社が有名企業だった方は注意が必要です。あくまでも謙虚に相手の立場を尊重した対応を心がけていきましょう。

転職活動中の疑問点10

転職サイトを利用して転職活動していたところ、希望する職種の暇で楽な仕事の面接日が2社重なってしまいました。どのように対応すればよいのでしょうか?

答え

複数の暇で楽な仕事の面接日が重なってしまった場合は、よく考えたうえで優先順位を決めることが大切です。まずはどうしても入社したい暇で楽な仕事の面接を優先して対応していきましょう。そして、次点の暇で楽な仕事をしている会社へ早めに連絡して面接日時を変更してもらいましょう。

変更する理由としては、緊急の仕事が入ってしまった、家族が倒れてしまったなど整合性のある理由を考えておきましょう。

面接が重なることは、嬉しい悲鳴だといえます!

目的とする暇で楽な仕事へ転職・再就職するためにも、1つ1つの面接を大切に受けていきましょう!

また、在職中の転職活動などの理由で一人では転職スケジュールの管理が難しいという方は、積極的に転職エージェントに在籍をしているキャリアコンサルタントを活用していきましょう!

キャリアコンサルタントを活用すれば、完全無料で転職スケジュール管理や面接指導等の転職支援をしてくれます!

転職・再就職に失敗しないためにも、活用できるものは全て利用することが重要です!

※面接ではなく、目的とする暇で楽な仕事への内定が重なってしまった場合は、数日~遅くとも10日以内に結論を出して一方の会社へ断りの連絡をしましょう。辞退する会社に極力迷惑をかけないためにも、早め早めの対応を心がけていくことが大切です!

参考:転職活動がうまくいかない方の5つの原因と解決策

   転職スケジュールを立てるシンプルな鉄則

転職活動中の疑問点11

フリーターやニートの経験が長すぎたため、目的の暇で楽な仕事へ就職できるか不安です。なにかアドバイスをいただけないでしょうか?

答え

フリーターやニートというネガティブなイメージを払拭するためにも、目的の暇で楽な仕事内容を理解したうえで、できる限りプラスイメージに伝えることができるように履歴書や職務経歴書の書き方に注意していきましょう。

また、フリーターやニートになってしまった積極的な理由を考えておくことが大切です。「やりたいことがわからなかったためフリーターやニートになってしまった」という印象を人事担当者に与えてしまうと印象が非常に悪くなってしまいます。

そのため、あくまでも「何かを目指していることがあった」が、夢がかなわなかったため長期にわたってフリーターやニートをしていたということをアピールしていきましょう。

※フリーターでも、正社員と同様の仕事をしている人も数多くいます。もしそのような働き方をしているのであれば、積極的に履歴書や職務経歴書、面接時にアピールすることが大切です。アピールの仕方次第ではフリーター経験をプラス評価してくれる場合もありますよ!

参考:今、フリーターやニートをしている人へ

   引きこもりニートの方は暇で楽な仕事へ就職してみよう

   フリーターから正社員への就職を目指している方へ

   親子の共倒れを暇で楽な仕事で回避しよう

転職活動中の疑問点12

入社したい暇で楽な仕事をしている会社の年齢制限が30歳までとなっていました…。現在32歳ですが応募することはできないでしょうか?

答え

転職サイトや転職エージェントで紹介されている転職求人の応募年齡は、あくまでも目安です。そのため会社にとって欲しい人材であるのであれば、年齡は重大な支障要因にはならないことが多いです。

もし、質問者の方のような若干の年齡違いであるならば、とりあえず入社したい暇で楽な会社へ電話をかけてみましょう。そこではまず、採用担当者を呼び出してもらい、以下のように話してみます。

「◯◯の転職求人情報を見てお電話を差し上げました。私は現在32歳ですが、年齡以外の応募条件は全て満たしています。ぜひ御社に入社したいと考えているのですが、書類をお送りしてもよろしいでしょうか?」

と聞いてみましょう。

若干年齡が高いだけであるのであれば応募書類を送り届けてください、と言われる場合が多いため積極的に電話をかけてみることが大切です。

実際、上限5~10歳程度であれば採用されたという事例もあるため、最初から諦めてはいけないということを覚えておきましょう!

※応募書類を送ってもよいという返答をいただいたら、必ずカバーレター(添え状)に謝辞を入れましょう。ちょっとした心遣いで大きく印象をアップさせることができますよ!

転職活動中の疑問点13

退職後に転職活動をしたため前職との間にブランクが1年ほど空いてしまいました。ますます転職活動が厳しくなっていくことが予想されますが、どのように対処したらよいのでしょうか?

答え

退職してから転職活動をされる方の中には、そのような方も珍しくはありません。そのため嘘も方便で、親の介護や配偶者の転勤、留学、ワーキングホリデーなどの理由を考えておくようにしましょう。

人事担当の面接官の場合は、ブランクについて必ず履歴書でチェックしています。なぜなら、ブランクによる業務の実務能力の低下や定着率の低下を危惧しているからです。さらに、勤勉性も疑うようになってきます。

そのためこのようにブランク期間でも、介護や自己研鑚に励んでいたことを述べることが大切なのです。

最近では、親の介護による退職も珍しくなくなってきました。そのため会社側も介護などの理由による退職であれば、ブランクが空いても比較的寛容な対応をしてくれる場合が多いです。

不採用が続くと顔つきまでが暗くなってきます。これ以上ブランクが空いて二進も三進もいかなくなる前に、要領よく転職活動を行い目的とする暇で楽な仕事に転職・再就職していきましょう!

※ブランク原因が、うつ病などの精神疾患の場合はそのまま伝えてしまうと転職時に不利になってしまう事が多いため、うつ病以外の理由を考えておきましょう。

また、ブランク後の転職・再就職は再び精神的に辛く厳しい職場に就職することだけはさけてください!当サイトを参考にすれば、精神的に楽な仕事定時に帰れる仕事肉体的に楽な仕事など働きやすい仕事がたくさんあります。ぜひ参考にしてストレスのない環境で働いていきましょう!

参考:退職してから転職活動をされる方のメリット、デメリット

   うつ病の兆候を早く見極めよう

   うつ病になるまで我慢しないで!

転職活動中の疑問点14

転職活動に時間がかかる人とすんなりと転職先が決まる方がいます。どのような違いがあるのでしょうか?

答え

転職活動が長引く人の中には、1年以上も就職先が決まらない方も存在します。どのような方が転職活動期間を長引かせてしまうのでしょう。ここでは転職活動期間が長引いてしまう方の事例をご紹介します。

1. ゆっくりと転職活動する独身男性

退職後に転職活動をされる独身男性の中には、離職後1ヶ月程度リフレッシュ期間にあててしまい、2ヶ月後から徐々に転職サイトや転職エージェントに会員登録し、3ヶ月目ぐらいから転職活動に本格的に入られる方がいます。

退職したのだから失業保険を貰わないと損!

退職したのだからゆっくりしたい!

などと考えてしまうと、どうしても出足が鈍ってしまいがちです。油断しているとキャリアに自信のある方でも転職活動期間が予想外に長引いてしまうこともあるため、十分に注意しましょう!

2. 条件の高すぎる転職・再就職先ばかり狙っている方

あまりにも条件の高すぎる転職・再就職先を狙いすぎてしまうと、仕事内容が自分のキャリアにマッチングしていないミスマッチ状態になってしまいます。暇で楽な仕事といっても、目的とする職業とあまりにもマッチングしていない状態で転職活動を行ってしまうと、転職活動期間が長引いてしまうだけなので注意してください!

3. インターネットを活用しないで転職活動をする方

昔ながらの新聞求人やフリーペーパー、折込みチラシ、知人の紹介、直接応募などの求人情報を利用して転職活動をしている方は、転職活動期間が長引いてしまいがちです。

なぜなら現在は、インターネットを利用した転職活動が一般化してきているからです。

特に中高年の方の中には、パソコンが苦手な方も多く、転職サイトや転職エージェントを活用した転職活動を行わない方がいます。昔ながらの求人情報だけでは、現在は良い転職先を探すことは難しいのが実情です!

これまでの経験や知識、スキルを100%活かすためにもインターネットを活用した転職活動を心がけていきましょう!

 

これらの事例に当てはまっている方は、転職活動期間が長引いてしまいがちです。特に離職後に転職活動を行われた方は、失業期間が長引けば長引くほど応募の段階で不利になってしまいます。

目的とする暇で楽な仕事に就職して、暇な時間や楽な時間、精神的にゆとりある時間、気楽な時間を味わうためにも、転職期間中だけはメリハリを持って行動をしていきましょう!

※転職活動の鉄則は、「悲観的に準備し、楽観的に行動」することです。

世の中は、早い流れで変化しています。そのため最悪の事態を想定した転職計画を立てて事前の準備を怠らないようにしておきましょう。その一方で、楽観的にダメ元で次々と行動を起こしていくという積極性をもって転職活動を行っていけば、転職活動の長期化を避けることができます!

参考:こんなに応募しているのに仕事が見つからない。何が原因?

   先の見えない転職活動に疲れたときのリセット方法をご紹介!

転職活動中の疑問点15

会社都合による退職は、転職・再就職に不利になるのですか?

答え

会社都合による退職でも、納得性の高い解雇理由と納得性の低い解雇理由があります。納得性の高い解雇理由は、会社の倒産や廃業や不景気による会社の業績の悪化によるリストラ、所属部署の撤退です。逆に納得性の低い解雇理由は、仕事があまりにもできないことによる退職や人間関係が理由による退職、不正や業務上横領による退職です。

いずれの会社都合による退職でも、転職・再就職をする場面では履歴書や職務経歴書、面接官への伝え方には注意が必要です。

・自分の仕事の不出来さは一切言わない。

・言い訳や会社への愚痴は一切言わない。

・整合性の合わないことを言わない。嘘をつかない。

この3点には注意しましょう。

また、納得性の低い解雇理由により会社都合の退職をした方は、嘘も方便で転職活動を切り抜けるがある場合があります。暇で楽な仕事に転職・再就職するためにも、納得性のある話の仕方を研究していきましょう。

転職サイト

転職支援サービスへは、1つでも多く登録しましょう。多ければ多いほど仕事に就けるチャンスが広がり、より良い条件の求人情報を手にする可能性が高くなります。

1位 リクナビNEXT

リクルートが運営しており転職者の80%が利用する怪物サイト
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事10 / 10点満点中 )
会員数 670万人 週更新 1,900件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
リクルート運営の国内最大級の転職サイトで高い企業認知度を誇り転職決定数NO.1!転職サイトでは日本一の会員数を誇り転職者の約8割はリクナビNEXTを利用しています。

会員の2人に1人が利用しているスカウトサービスも大きな魅力!プライベートオファー機能へ経歴を登録しておけば、目的の会社や提携エージェントから個別オファーを受け取れます。

2位 @type

月間150万人が利用している老舗系転職サイト
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事9 / 10点満点中 )
会員数 250万人 週更新 600件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
IT系、外資系、コンサルティング業界などに強い!自己分析ツールNo.1 !転職力を判定する転職力診断テストがオススメ!月間150万人の利用者数で若者に人気があります。

3位 はたらいく

リクルートが運営する『地域密着をテーマとした転職サイト!』
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事8 / 10点満点中 )
会員数 週更新 700件以上
対応エリア 全国 サポート スカウト等
リクルートが運営する地域密着を柱とした転職求人サイトで、企業規模よりも"働き方"や"人間関係"を重視するスタイルを希望する方向けのサイト!地元密着型のサイトでは圧倒的な求人掲載量を誇ります!

転職エージェント

1位 リクルートエージェント

転職成功実績 業界No1!累計約35万人以上の転職実績!!
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事10 / 10点満点中)
会員数 45万人 求人件数 170,000件
対応エリア 全国 特徴 ダントツNo1
リクルート運営の国内最大級の転職エージェントで高い企業認知度を誇り転職決定数NO.1です。業界トップの求人数件数を誇ります!

2位 パソナキャリア

パソナキャリア経由で転職した方の67.2%以上が年収アップ
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事9 / 10点満点中 )
会員数 25万人 求人件数 25,000件
対応エリア 全国 特徴 非公開求人
2016年オリコン日本顧客満足度ランキング 転職エージェント部門No.2。パソナキャリア経由で転職・再就職した方の67.2%以上が年収アップしており、大変質の高い転職エージェントです。さらに利用者の9割以上が転職・再就職に成功しています!

3位 DODA

質・量ともトップクラスの求人情報を紹介!会員数35万人以上!
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事8 / 10点満点中 )
会員数 35万人 求人件数 150,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
質・量ともトップクラスの求人情報!リクルートエージェントに次ぐ国内No2.あなたの「過去」「未来」を知り、「未来」を見据えたキャリアプランを計画!

ホーム

メニュー

暇で楽な働き方