トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 うつ病になるまで我慢しないで!

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 企業見極め方
  3. うつ病になるまで我慢しないで!

うつ病になるまで我慢しないで!

うつ病になると様々な問題が発生する

貧困に陥る要因の1つに、うつ病の問題があります。実際、うつ病になってしまった方へアンケートした結果によると、仕事上の労働環境の悪化によって、うつ病になってしまった方の4人に3人以上がうつ病によって収入が減ったと答えています。また、全体の半数以上がうつ病により元の会社の退職を余儀なくしており深刻な問題になっています。

うつ病などの通院履歴があると、どうしても次の就職先への就職もなかなか決まらずお金がなくなってしまうなどの二次的な問題が発生しがちです。

utubyou

なぜ?全体の半数以上が退職してしまうのか?それは、うつ病の方が長期間休むと、どうしてもその人の仕事のカバーを残りの社員が背負わなくてはいけなくなりますし、職場の生産性も悪化します。しかも、うつ病の認識が低い会社の場合は仮病ではないか?と誤解されやすく、会社や同僚とのその後の関係が悪化するなど職場復帰が難しくなる場合も多いのが現状の実態です。その結果、会社にいても気まずくなり会社を辞めるという最悪の結果に陥ってしまうというケースが多いのです。

先行き不透明なこの時代において、うつ病などの精神的な病気になることはできれば避けなければなりません。

参考:うつ病の兆候を早く見極めよう油断大敵!ストレスからくる病気

   「もう働きたくない・・・」と彼氏が言い出したときの対処法

うつ病は貧困への入口

うつ病と診断されたことのある30歳~45歳の働き盛りの男性100名を対象に、うつ病になってから経済面で困ったことについてアンケートを実施しました。

うつ病になってから経済面で困ったことランキング

1位 貯金ができなくなる

2位 貯金が底をついた

3位 仕事が見つからず困窮している

4位 安い給料の仕事しかできない

5位 精神が不安定になり残業ができず給料が減った

6位 生活苦により借金をすることになった

7位 家賃の安いところへ引っ越しをした

 

このようにうつ病になると経済面で大きく困ることになります。

うつ病になってしまった方の中には、

うつ病になる→生活苦により貧困になる→家庭崩壊→自殺

というような最悪のケースに陥ってしまった方も存在しています。最悪のケースに陥らないためにも、事前にうつ病にならないように注意しなければならないのです。

うつ病になると長期間の治療が必要になる

うつ病の症状が軽症や中等症であっても、一度うつ病になってしまうと治療完了までに半年から1年程度の治療期間が必要になります。

うつ病の治療の基本は、休養、薬物療法、精神療法、環境調整が4本柱であり、どれが欠けてもうまくいきません。中でも一番大切なのは、十分な休養です。

うつ病と診断されたら、体と心を休養するために会社を一定期間休職したり、入院したり、仕事をやめたりするしかないのです。十分な休養がないまま薬物療法だけしても、効果はあまり期待できません。

また、うつ病は再発率が非常に高いのが大きな特徴です。始めてうつ病を発症した人の再発率は、60%。2度目のうつ病を発症した人の再発率は、70%。3度目のうつ病を発症した人の再発率は、90%と回を重ねる毎に再発しやすくなるのです。

このように一度うつ病になると完全完治するのが難しい病なのが、うつ病という病気の真実なのです。

うつ病は、休職する期間によってその後「退職」する割合が違う

うつ病となり仕事を休職する場合、長期間仕事を休職しないとかなりの割合で、その後「退職」するという結果になります。

 休職期間    その後の退職率

0ヶ月~3ヶ月    59.3%

3ヶ月~6ヶ月    51.8%

6ヶ月~1年間    48.1%

1年間~1年半    40.5%

1年半~2年間    36.4%

2年間~2年半    39.5%

2年半~3年間    29.8%

3年間~5年間    29.1%

全体         42.1%

このようにうつ病になった場合、1年程度は会社を休職しないと、半数以上がうつ病を再発してしまいその後会社を辞めるという結果になっています。

完全に回復してから職場復帰しないと、うつ病のループで働くこと自体が難しくなってしまいかねないのです。

「仕事」と「仕事のストレス」を天秤にかけてみよう

仕事で精神的なストレスがたまって辛い状態の方は、いきなり退職をしてしまう前に、まずは「仕事」と「仕事のストレス」のバランスについて考えてみましょう。

ストレスに耐えてもやりがいのある仕事であれば、そのまま続けてもいいと思いますが、ストレスに耐えてまで働き続けたいと思える仕事でなければ、環境を変える意味でも早めに退職することは悪い選択肢ではありません。

ストレスを溜め込んだまま仕事をしていると、うつ病や自律神経失調症を発症してしまうことがあります。そうなってしまうと、今の仕事を満足にこなせないばかりか、その状態で退職しても転職活動ができなくなってしまうのです。

参考:やりたくない仕事で悩み続けるより小さな一歩を踏み出そう

うつ病を防ぐにはどうすればよいのか?

ナオの答えは、最初からもしくは途中でも良いから、暇で楽な仕事で働くということをおすすめします。アウトローな生き方の方が真面目な生き方よりも楽なときもあります。その割り切りを自分自身の中でしっかり持つことが重要です。

絶対に給料よりも労働環境などを優先したほうが長い目でみたらよい結果に繋がります。

今、ブラック企業や自分に向いていないなと感じている職場で働いている方は、ぜひうつ病や自律神経失調症などの病気になる前に、何を優先するべきかいうことについて考えてみてください。

ブラック企業などによって潰されてしまう前に、さっさと転職して気持ちを切り替えた方がよほど生産的で心の平穏も保てます。また、終身雇用もホワイト企業なら別ですが、一般的な多くの企業では維持するのも厳しいのが現状です。無理にしがみついていても辛いだけです。

 

どうしても我慢できないなら逃げることに躊躇(ちゅうちょ)しないでください!!

 

参考:パワハラ被害度をチェックしてみよう

   精神的に辛いパワハラに対する疑問点を解決しよう

   パワハラ上司の特徴と対策

   パワハラされやすい部下にも特徴がある

   パワハラ上司の多い業界ランキング

   激務度業界ランキング

   この業界がおすすめ!ホワイト業界の探し方

うつ病にならないための対処法

うつ病にならないためにも、当サイトで紹介されている精神的に楽が一番の仕事に就職されることをおすすめします。精神的に楽な環境の仕事であれば、いままでのような精神的に辛く厳しい環境で働くわけではないため、安心して仕事をすることができます!!

参考:友達はブラック企業に在籍時自殺してしまいました…

   暇で楽な仕事に就職して精神的なストレスを解消しよう

   ストレス発散法で気持ちをリラックスさせよう

ホーム

メニュー

企業見極め方