トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 パワハラ上司の多い業界ランキング

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. ランキング
  3. パワハラ上司の多い業界ランキング

パワハラ上司の多い業界ランキング

パワハラ上司やモンスター上司の多い業界の特徴とは

サラリーマンなら誰しもが嫌な上司や相性の合わない上司、理不尽な上司、ムカつく上司、逃げ出したいと思える上司に巡りあってしまった嫌な思い出があるのではないでしょうか。

近年の労災申請件数では、「上司とのトラブル」が原因でうつ病や精神疾患などになってしまったことが申請理由のトップになっています。

また、上司によるパワハラやセクハラ、マタハラも労災申請理由の3位になっています。

このように上司が原因よる労災事故や労災自殺、うつ病疾患などは社会問題にもなっています。

では、どのような業界にパワハラ上司やモンスター上司が多いのでしょう?

それは当サイトでご紹介させていただいておりますブラック企業関連の業界にパワハラ上司やモンスター上司が生息している可能性が多いです!なぜなら、会社や業界自体もパワハラやセクハラ、マタハラ、理不尽さ、異常さが日常となっているため、在籍している上司もその空気感が当たり前だと思ってしまいパワハラ上司となってしまっているからです。

その他にもパワハラ上司やモンスター上司になってしまう原因があります。それは上司の過去の成功体験を部下に強要するというものです。上司は過去の成功体験や実績があるため、部下に対して『俺はできたのになぜできないんだ!』と責めてしまうのです。このような上司は、数値目標のある営業職や店舗管理職の業界に多く、部下にとっては過去の栄光を自らに求められても…と感じてしまうことでしょう。

暇で楽な仕事や業界であれば、仕事環境も良いですし、精神的に多くの人がゆとりを持って働いているためパワハラがブラック企業と比べると明らかに起こりにくいです。

パワハラ上司やモンスター上司に悩まれている方は、この機会にパワハラとは程遠い環境である暇で楽な仕事へ転職・再就職してみてはいかがでしょうか。

パワハラ上司の多い業界ランキング

参考:精神的に楽が一番
   ブラック企業は絶対に避けようあなたの知らないブラック求人広告の注意点
   うつ病になるまで我慢しないで!うつ病の兆候を早く見極めよう
   油断大敵!ストレスからくる病気気楽な仕事の探し方
   パワハラ上司の特徴と対策パワハラされやすい部下にも特徴がある

パワハラ上司やモンスター上司はどのようなことをしてくるの?

1. 新人や仕事に慣れていないにも関わらず仕事を教えない。

パワハラ上司やモンスター上司の中には、入社して間もないもしくは新しく部署や課に転属になったにも関わらず、何も具体的な指導せずにミスをすると激昂したり、パワハラ・セクハラ・マタハラ行為をするような上司も存在します。

2. 能力や技能を過度に超えた要求を必要以上求める。

パワハラ上司やモンスター上司の中には、明らかに無理な仕事を無茶振りすることや過度のノルマを要求する上司もいます。悪質な上司になると、頑張りぬいたそれらの実績や成果はオレのもの。下回ると激怒やパワハラ、セクハラ、マタハラ行為を繰り返すドラえもんの登場キャラクターであるジャイアンのようなパワハラ上司もいます。

また、上司の仕事上の失敗も部下に対して押し付けるというパワハラ上司も珍しくありません。

3. 理詰めや理不尽な怒り方ばかりする。

最近は、ブラック企業であってもコンプライアンス意識が向上している会社があります。そのような企業のパワハラ上司やモンスター上司は、部下にICレコーダー等で暴力の風景や大声で罵倒している様子を録音されるとまずいので、訴えられたり自分が不利にならないようにパワハラ行為を行います。

どのような方法かというと、社内規定に則って理詰めで部下を追い詰め、そして仕事上のミスや失敗をネチネチと毎日指摘ばかりするのです。このような理不尽な怒り方をされると、精神的に大変辛くうつ病や出社拒否をしてしまう方もいます。

このような頭を使ったパワハラ行為は、大変立証しづらく精神的なダメージも大きいため早期に周りの別の上司やキャリアカウンセラー、相談機関に相談して何らかの対処法を考えていかれることをおすすめします。

参考:なるべく早く、暇で楽な長く続けられる仕事を探そう
   会社の利益のために従業員を使い捨てるブラック企業内の暴言
   会社の利益のために若者を使い捨てるブラック経営者語録
   相談機関を利用してブラック企業の劣悪な職場環境に立ち向かおう

パワハラ上司やモンスター上司の多い業界ランキング

1位  外食チェーン業界

2位  IT業界

3位  生保保険・自動車保険業界

4位  アパレル業界

5位  不動産業界

6位  各種メーカー

7位  建設業界

8位  通信業界

9位  マスコミ業界

10位  その他業界

となります。

ご紹介したようにノルマや営業成績がはっきり分かる業界が多いのが特徴です。これらの業界は、ブラック企業やパワハラ上司、モンスター上司が多いため十分に注意してください!転職・再就職される場合も、これらの業界に入社したいと思われる場合は転職エージェントに在籍しているキャリアカウンセラーに相談するなどして、各会社の内部情報を事前に収集されることをおすすめします。その結果、悪質なブラック企業への入社を防ぐことができます!

参考:パワハラ被害度をチェックしてみようパワハラに対する疑問点を解決しよう

   パワハラを受けたときの解決法

   セクハラを受けたときの解決法

   この業界がおすすめ!ホワイト業界の探し方

転職サイト

転職支援サービスへは、1つでも多く登録しましょう。多ければ多いほど仕事に就けるチャンスが広がり、より良い条件の求人情報を手にする可能性が高くなります。

1位 リクナビNEXT

リクルートが運営しており転職者の80%が利用する怪物サイト
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事10 / 10点満点中 )
会員数 670万人 週更新 1,900件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
リクルート運営の国内最大級の転職サイトで高い企業認知度を誇り転職決定数NO.1!転職サイトでは日本一の会員数を誇り転職者の約8割はリクナビNEXTを利用しています。

会員の2人に1人が利用しているスカウトサービスも大きな魅力!プライベートオファー機能へ経歴を登録しておけば、目的の会社や提携エージェントから個別オファーを受け取れます。

2位 @type

月間150万人が利用している老舗系転職サイト
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事9 / 10点満点中 )
会員数 250万人 週更新 600件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
IT系、外資系、コンサルティング業界などに強い!自己分析ツールNo.1 !転職力を判定する転職力診断テストがオススメ!月間150万人の利用者数で若者に人気があります。

3位 はたらいく

リクルートが運営する『地域密着をテーマとした転職サイト!』
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事8 / 10点満点中 )
会員数 週更新 700件以上
対応エリア 全国 サポート スカウト等
リクルートが運営する地域密着を柱とした転職求人サイトで、企業規模よりも"働き方"や"人間関係"を重視するスタイルを希望する方向けのサイト!地元密着型のサイトでは圧倒的な求人掲載量を誇ります!

転職エージェント

1位 リクルートエージェント

転職成功実績 業界No1!累計約35万人以上の転職実績!!
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事10 / 10点満点中)
会員数 45万人 求人件数 170,000件
対応エリア 全国 特徴 ダントツNo1
リクルート運営の国内最大級の転職エージェントで高い企業認知度を誇り転職決定数NO.1です。業界トップの求人数件数を誇ります!

2位 パソナキャリア

パソナキャリア経由で転職した方の67.2%以上が年収アップ
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事9 / 10点満点中 )
会員数 25万人 求人件数 25,000件
対応エリア 全国 特徴 非公開求人
2016年オリコン日本顧客満足度ランキング 転職エージェント部門No.2。パソナキャリア経由で転職・再就職した方の67.2%以上が年収アップしており、大変質の高い転職エージェントです。さらに利用者の9割以上が転職・再就職に成功しています!

3位 DODA

質・量ともトップクラスの求人情報を紹介!会員数35万人以上!
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事8 / 10点満点中 )
会員数 35万人 求人件数 150,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
質・量ともトップクラスの求人情報!リクルートエージェントに次ぐ国内No2.あなたの「過去」「未来」を知り、「未来」を見据えたキャリアプランを計画!