トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 ホワイト企業って何?

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 企業見極め方
  3. ホワイト企業って何?

ホワイト企業って何?

【ホワイト企業の正しい定義】

世の中、ブラック企業は比較的よく知られていますが、ホワイト企業について正しい定義について認識している方は少ないのではないでしょうか?

ホワイト企業は離職率が他と比べかなり低く、仕事の環境もゆとりがあり福利厚生なども充実していると世間一般では言われています。もちろん離職率が低く・福利厚生が充実しているのは正解です。

その他にも、仕事量が少ない割に給料が良いことや女性が働きやすいこと、新卒定着率が高いこと、ノルマがないもしくは少ない、残業が少ないこと、残業代がしっかりと支払われること、社内制度(フレックスタイム制度や在宅勤務制度など)が充実している、従業員の満足度が高いなどのメリットもあります。

さらにブラック企業とホワイト企業では大きく異なる点が3点あります。

1.労働基準法等の労働規制に関する国の法令をしっかり守っているか

2.従業員の役割を経営者がしっかり認識し働きやすい環境を整備することに努めている。

3.従業員も会社あっての従業員だという愛社精神を持っている。

この3点が大きく異なる点です。もちろん全ての社長、社員に当てはまるわけではありませんが、ブラック企業と比べたら比率が全く異なります。

これらの点を、要約すると『ホワイト企業=人を大事にする企業』といってもよいでしょう。

「人は城、人は石垣、人は堀」

と言われているように企業の優勝劣敗を決する決め手は、やはり人の力です。経営者と労働者が真逆を向いていたら絶対に100%の力を発揮することはできません。

あなたにとって真の力を発揮できるホワイト企業を探すことが長い目でみて大きな価値となることは明白です。妥協せずに探していきましょう。

※「ホワイト企業は人を大事にする企業」であることはもちろんのこと、投資先や取引先としても信頼される企業である可能性が高いです。そのためホワイト企業に勤めることができれば、信頼関係を活かすことにより仕事上のストレスも少なく円滑な業務を行うことができるのです。

参考:ブラック企業は絶対に避けよう

   これだけは知っておきたいブラック企業の見分け方

ホワイト企業って何?

【ホワイト企業の探し方はどうやるの?】

新卒の高校生、大学生、大学院生とって働きやすい職場を探すにはどうしたら一番よいのでしょう?

理想は、全ての会社に1ヶ月ぐらい職業体験して、目、耳、肌等で体感することです。しかし、それでは時間がいくらあっても足りません。

そこで重要になってくるのが、会社の取捨て選択をすることです。つまり、明らかにブラック企業と分かるものは就職の対象から切り捨ててしまうという合理的な選択をすることです。

切り捨てるのには、データが入ります。何のデータが利用したらよいか?人それぞれ基準が異なりますが、一番わかりやすい指標は「入社した社員が何年後に何人残っているか?」 というデータです。多くの社員が働いている会社ならば、比較的社員の皆さんが働きやすい環境が整っている可能性が高いということになります。

こちらに「新卒3年後定着率」に基づく最新のランキングをご紹介させていただきます。ご参考にしていただければありがたいです。

もちろんホワイト企業を判別する取捨て選択は、転職・再就職の方へも就職する際の参考情報になります。

取捨て選択の判断基準のデータは、新卒3年後定着率以外にも福利厚生の内容や平均勤務年数、有給休暇習得率などでも判断することができます。さまざまな観点から多角的に判断することが大切です。これらの情報は、就職四季報などに掲載されていますのでご参考にしてください。

また、インターネットを利用して企業名を調べた際に、不正や悪評、悪口が多数掲載されているような会社はブラック企業である可能性が高まります。そのような企業は除外して就職活動を行っていきましょう!

最後にホワイト企業=大企業ではありません。大企業だからといってホワイト企業だと思い込むのは早計です。中小企業等の中にもホワイト企業は必ずあります。有名なのが、岐阜県にある未来工業株式会社です。

未来工業株式会社では、業務ノルマや営業ノルマない、「報・連・相」は強要されない、労働時間が短い(08時30分~16時45分)、残業一切禁止、全て正社員、育児休暇3年(何度でも習得可能)、平均年収600万円、年間休日140日(有給休暇除く)の休みが多い仕事、人間関係が良好、年末年始は約20連休、改善案を考えて提案するだけでお金がもらえる、業績好調時は社員旅行の行き先が海外旅行(ハワイなど)というホワイト企業です。

その他にも、ソースで有名な「ブルドックソース株式会社」や魔法瓶で有名な「タイガー魔法瓶株式会社」、しょうゆ業界大手の「ヒゲタ醤油株式会社」、焼酎のいいちこで有名な「三和酒類株式会社」、ごま油業界シェア1位の「かどや製油」などは参入障壁が高く、かつニッチな中小企業のホワイト企業としておすすめできます。

  

皆さんも、そのようなホワイト企業をぜひ探して就職してみてください!

参考:失敗しない転職活動での情報収集

   あなたの知らないブラック求人広告の注意点

【最もおすすめするホワイト企業はどのような会社なの?】

当サイト管理人ナオも入社したいのが、真にホワイト企業+暇で楽な会社です。

(民間会社以外にも公的機関などもあります。)

 

これが一番なのは明白です。

しかし、欠点があります。それは、高い学歴や高い経験値が必要な点です。このようなホワイト企業は、人と異なる大きな付加価値がないと採用されることが難しいのです。

あなたが条件に当てはまるのであれば、真にホワイト企業+暇で楽な会社をオススメします!!

参考:この業界がおすすめ!ホワイト業界の探し方

   転職サイトで探す、隠れホワイト企業の見つけ方

超優良ホワイト企業+暇で楽な会社に入社するメリット

仕事が楽、空き時間も多い(残業もほぼなし・強いプレッシャーもなし)

給料も高収入。終身雇用で犯罪などをしなければ解雇はなしなどのメリットを享受することができます。

既得権益などを独占している会社(公的機関等)などが該当します。

ナオのおすすめしている暇、楽な職業の中では大学職員団体職員なども該当します!

ホワイト企業ランキング(超最高峰限定)はこちらでご紹介しています!

真のホワイト企業を見分けるコツは、新卒3年後定着率などの取り捨て選択をしてあるのはもちろんのこと『その会社に入りにくいかどうか』が最終的な重要な指標になります。情報化が高度に進んだ現代では、インターネット等でホワイト企業だと認知された会社は、どうしても入社が難しくなりがちです。最高峰のところになると東京大学に入学するよりも難しいでしょう。

あなたの年齢、学歴、履歴、経験値等全てを勘案したうえで、あなたの性格に向いている会社を探していきましょう。

その中でホワイトの比重を高めるのか暇、楽の比重を高めるのかは人それぞれです。

選ぶコツは、トータルで考え一番コストパフォーマンスが高いところに就職するのが良いでしょう。

ホワイト企業は、転職サイト転職エージェントに会員登録すれば求人応募することが可能なため、転職・再就職活動をされている方は当サイトおすすめの転職支援サービスに会員登録して求人活動をすすめていきましょう!!

参考:転職サイト・エージェント登録者数ランキング

ホーム

メニュー

企業見極め方