トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 転職・再就職に有利になる資格

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 就活対策
  3. 転職・再就職に有利になる資格

転職・再就職に有利になる資格

転職・再就職に有利になる資格を見極めることが大切

「資格を持っていること」と「資格を活用していること」は全く異なります。せっかく資格を習得するのであれば、転職・再就職に有利となり、その後も末永く活用できる資格を習得することが大切です。

ここでは資格コレクターになりにくい即転職・再就職に有利な資格を厳選してご紹介させていただきます。

「資格を使って今よりも良い生活がしたい!」

「資格を活用して転職・再就職したい!」

「資格を活用して暇で楽な仕事で働きたい!」

「イザというときに役立つ資格を知りたい!」

「世の中のニーズに合った資格は何なの?」

と思われている方は、ぜひ参考にしてみてください!

求人の多い資格ベスト20

ハローワークの全求人数の中で、資格が必要とされている求人の求人数ランキングです。これらの資格を保有していれば40代や50代、定年退職後、フリーターやニートでも大きな苦労をすることなく就職することができるため、ぜひ参考にしてください!

1.   普通自動車第一種運転免許

2.   看護師

3.   普通自動車運転免許(AT限定)

4.   准看護師

5.   薬剤師

6.   介護福祉士

7.   介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級相当)

8.   大型自動車第一種運転免許(トラックドライバー

9.   介護支援専門員(ケアマネジャー)

10.   美容師

11.   1級土木施工管理技士

12.   歯科衛生士

13.   2級土木施工管理技士

14.   フォークリフト運転技能士

15.   理学療法士

16.   二級建築士

17.   調理師

18.   第二種電気工事士

19.   作業療法士

20.   一級建築士

転職・再就職に有利になる資格

転職・再就職に有利な資格は何なの?

就職するために有利になる資格の代表格は、普通自動車免許第一種です。

営業や車関係の仕事、建築関係の仕事などでは普通自動車免許第一種が必須のところも多くあります。

普通自動車免許は、就職時に必須の資格第1位でもあります。

普段の生活でも、車があるのとないのでは大きく生活の利便性が異なります。時間のゆとりのある方や営業・車関係・建築関係で働かれる割合の比較的高い男性の方は、若い時に  習得しておくことをおすすめします。

暇で楽な仕事の中にも、普通自動車免許の資格は必須のところもあります。例えば、トラックドライバーやタクシー、スクールバス運転手などです。

暇な仕事や精神的に楽な仕事、肉体的に楽な仕事、単純で楽な仕事に就職するためにも一生役立つ資格を選別して優先的に習得していきましょう!!

選別する理由としては、資格も資格コレクターとして数を増やすだけでは意味がないからです。実務経験を重ねることができる資格の修得を社会人には求められています。

普通免許以外にも転職・再就職に有利な資格はあるの?

その他にも一定の勉強期間は必要になりますが、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、ケアマネージャー、MR(医薬情報担当者)、建築士1級、臨床検査技師、日商簿記検定1級もしくは2級などの資格が転職・再就職にはおすすめの資格です。この資格を保有していて、なおかつ実務経験も伴っていればいつの時代も就職に困ることはなくなるでしょう。

特に薬剤師や看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、ケアマネージャーなどの医療・看護系の国家資格を保有していれば、間違いなく就職活動に苦労しなくてもすみます。 なぜなら、日本は世界一の超高齢社会だからです。毎年、毎年高齢者はどんどん増加していきます。医療・看護関係の仕事は、間違いなく日本の成長分野であり人材不足の産業でもあるのです。

毎年人材不足が続いているこのような業種は、病院や会社を辞めて半年~1年程度旅行や観光、留学など職歴に空白期間が生じても全く問題ありません。

他の業種では、絶対にあり得ないメリットがあるのが薬剤師や看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、ケアマネージャーなどの医療・看護系の国家資格なのです。

当サイトでも、暇で楽な仕事として薬剤師看護師をご紹介しています。薬剤師、看護師は、病院の中でも医師に次いで中心的な役割を担っている業種でもあります。

学生の方や新卒の方、第二新卒、20代の方で、このような医療・看護系の職業にしたいと思われる方は、再度大学や専門学校に挑戦してみるのもよい選択肢だと感じます。

なぜなら、これからの日本は少子高齢化に伴い年金の支給年齢が繰り上げられ、70歳から75歳程度まで働かなくてはいけない可能性が高まっているからです。

社会保障制度改革国民会議会長を務める慶應義塾大学塾長も「個人的には年金支給のさらなる年齢引き上げは必要だと思う」とし、「65歳定年を固めて、将来的には70歳までは雇用を延ばす」と発言されています。

実際に日本以外のヨーロッパ諸国でも定年延長の動きが広がっています。ドイツやフランスでも、定年が60代前半から60代後半へ引き上げられました。イギリスでも、65歳の定年を廃止にして、現在は定年年齢による解雇を原則禁止にしています。

学校へ入学するための勉強に1~2年、学校で3~6年費やしても、その後の長い人生(約40~45年)のことを考えたら決して悪い判断ではないでしょう。

このような最強の国家資格を習得していれば、お金や就職活動に一切困ることなく精神的に楽になれることは間違いありません。

薬剤師や看護師の資格などをおすすめする理由

1. 常に求人があり就職に困ることが一切ない。

2. 給料が高額。

3. キャリアに空白期間があっても問題なく就職することができる。

 

などの特大のメリットがあります。

若いうちに世界を放浪することや日本一周、世界一周、登山、スポーツ活動などあなたの好きなことを半年~1年程度退職して遊ぶこともできます。定年後ではなく、若い20代や30代にこのようなアクティブなことができるということに対して大きな価値があるのです!!

このようにキャリアに空白期間が生じても困らないのは、薬剤師や看護師などの医療・看護系の国家資格を保有している人やどこでも仕事ができるアフィリエイターなどの職業しかありません。

このことを楽といえるのならば、他の職業と比べてもトップクラスの楽を味わうことができます!!

薬剤師や看護師のように需要が圧倒的にある業種で、その分野で働くために必須といえる国家資格を保有しているのは圧倒的に強いです。なぜなら、会社や国家に左右されるのではなく、自分自身で人生の主導権を握ることができるからです。

コストパフォーマンスの良い転職・再就職に有利な資格は?

前述の薬剤師や看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、ケアマネージャーの国家資格は年単位の勉強や学校での学習が必要になってきます。

その点、これから紹介させていただくコストパフォーマンスの良い転職・再就職に有利な資格は、短いものだと1周間程度。長いものでも1年も勉強すれば習得することができます。

これらのコストパフォーマンスの良い資格を習得すれば、効率よく転職・再就職できる可能性が高まりますので参考にしてください!!

女性の事務職系におすすめの資格

日商簿記2級もしくは3級。

経理関係や総務関係の事務職に就職したい方は、持っていると履歴書や面接でアピールすることができます。事務職ならぜひ持っておきたい資格。

車の運転系の仕事で即役立つ資格

大型1種免許や普通2種免許、フォークリフト。

当サイトでご紹介させていただいている、暇で楽な仕事としておすすめのトラックドライバータクシードライバーに就職することができます。

いつの時代も一定以上の需要が必ずあるトラックドライバーやタクシードライバーという職業。食べていくことが間違いなくできる資格としてコストパフォーマンスの高い資格です。

暇で楽なアルバイトとして働くのにおすすめの資格

乙種第4類危険物取扱者。

2~3ヶ月程度の勉強で習得することができます。この資格を持っていれば、正社員としてガソリンスタンドで働くこともできますし、暇で楽なアルバイトとしておすすめのセルフスタンドのアルバイトとして働くこともできます。国家資格なので保有していれば一生役立つ資格です。定年後の空き時間を利用したアルバイトもできますよ!

転職・再就職に有利になる資格 まとめ

以上が、厳選したコストパフォーマンスの良い転職・再就職に有利になる資格です!

勉強時間や資格習得費用に対して対価が大きいのが特徴です。また、保有していれば仕事に困らない資格でもあります。

あなたが良いと思える転職・再就職に有利になる資格を、自らチョイスして自分の働き方を主体的に選んでいくことができれば、歳を重ねても極端に転職先に困ることはなくなります。

これらの資格を習得して、将来の不安を吹き飛ばしてください!

 

参考:転職で役に立たない資格を習得してはいけない

   工場勤務や製造業勤務であると役立つ資格一覧

   定年後に役立つ資格を取ろう

   お金に繋がる資格のとり方

ホーム

メニュー

就活対策