トップ

転職後に必要な社会保険や税金の手続きガイド

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 就活対策
  3. 転職後に必要な社会保険や税金の手続きガイド

転職後に必要な社会保険や税金の手続きガイド

転職後に必要な手続きを忘れずに行おう

さあ、いよいよ目的の暇で楽な会社への転職!

しかしその前に、前職を退職後に加入していた医療保険や年金、雇用保険の切り替え手続きを忘れずに行っておかなければなりません。

ここでは社会保険の種類ごとに必要な手続きを詳しくご紹介させていただきます。

ぜひ参考にしてください!

面接は「言葉のキャッチボール」を意識しよう

【医療保険の手続き】

1. 退職後に国民健康保険へ加入していた方

国民健康保険に加入をしていた方は、いままで使用していた国民健康保険証と転職先から交付される健康保険証、印鑑、運転免許証などの身分証を持参して、市区町村の国民健康保険窓口で国民健康保険を解約する手続きを行います。

2. 退職後に健康保険の任意継続へ加入していた方

健康保険の任意継続に加入していた方は、転職先の健康保険証が届いた時点で、加入していた保険者に対して喪失手続きが必要になります。

その際に必要となるものは、任意継続被保険者資格喪失申出書と任意継続の保険証、転職先の健康保険証の写しです。

任意継続被保険者資格喪失申出書を記入し、任意継続の保険証と転職先の健康保険証の写しを同封のうえ、保険者に対して郵送手続きを行うことで喪失手続きが完了します。

3. 退職後に扶養家族として健康保険へ加入していた方

扶養家族として健康保険に加入していた方は、転職先の健康保険証が届いた時点で、扶養している人の勤務先へいままで利用していた保険証の原本を返納します。

4. 前職を退職後すぐに転職・再就職する方

前職を退職後すぐに転職・再就職する場合は、前職の健康保険証を前の会社へ返却すれば資格喪失手続きは会社が行ってくれます。

【年金の手続き】

1. 第1号被保険者の方

国民年金の第1号被保険者には、自分で国民年金保険料を納付または免除されている方が該当します。

第1号被保険者の方は、転職後は第2号被保険者(サラリーマンやOL、公務員などの厚生年金や共済年金を支払っている方)に切り替わります。

前納した保険料の過払い分があれば、還付されます。

2. 第2号被保険者の方

国民年金の第2号被保険者には、サラリーマンやOL、公務員などの厚生年金や共済年金を支払っている方が該当します。

前職を退職後、すぐに転職・再就職する場合は第2号被保険者のままで変わりませんので、手続きは転職先の会社が全て行ってくれます。

3. 第3号被保険者の方

国民年金の第3号被験者は、第2号被保険者に扶養されている年収130万円以下の配偶者が該当します。

第3号被保険者である方が、厚生年金や共済年金の加入がある仕事へ転職する場合、第2号被保険者となるため年金手帳を転職先の会社へ渡して年金の支払いの手続きを行ってもらいましょう。

【雇用保険】

1. 失業保険を受給中の方

失業保険を受給中の方は、転職先が決まった時点でハローワークに対して転職が決まったという申請手続きが必要になります。

その際に必要となるものは、失業保険の受給資格証と失業認定申告書、印鑑です。

なお、失業保険の受給日数が残っている場合は再就職手当がもらえる可能性があるため、忘れずに申請をしておきましょう。

再就職手当金については、雇用保険の仕組みを理解しようで詳しくご紹介しております。

2. 失業保険の受給が終了している方

ハローワークの紹介の有無に関わらず、手続きや報告は一切不要です。

【税金】

1. 所得税

転職後に必要な手続きは、不要です。

2. 住民税

住民税の当年度の納付残額が多い場合は、転職後に転職先で特別徴収に切り替えることができるので、申し出るようにしましょう。

普通徴収を継続する場合は、手続きは不要です。

特別徴収とは・・・事業所が住民税の年税額の1/12ずつを給料から預かって、預かった翌月10日までに各従業員の住所地の各市町村に納付する方法。

普通徴収とは・・・給料を介さず、自分自身で年4回(おおむね、6月、8月、10月、翌年1月の末日)1/4ずつを市町村に納付する方法。

参考:退職後の税金面に関する疑問点を解決します!

   雇用保険の仕組みを理解しよう(雇用保険の制度を理解しよう編)

   雇用保険の仕組みを理解しよう(求職者給付の詳しい仕組み編)

   雇用保険の仕組みを理解しよう(雇用保険の疑問解決編2)

転職サイト

転職支援サービスへは、1つでも多く登録しましょう。多ければ多いほど仕事に就けるチャンスが広がり、より良い条件の求人情報を手にする可能性が高くなります。

1位 リクナビNEXT

リクルートが運営しており転職者の80%が利用する怪物サイト
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事10 / 10点満点中 )
会員数 670万人 週更新 1,900件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
リクルート運営の国内最大級の転職サイトで高い企業認知度を誇り転職決定数NO.1!転職サイトでは日本一の会員数を誇り転職者の約8割はリクナビNEXTを利用しています。

会員の2人に1人が利用しているスカウトサービスも大きな魅力!プライベートオファー機能へ経歴を登録しておけば、目的の会社や提携エージェントから個別オファーを受け取れます。

2位 @type

月間150万人が利用している老舗系転職サイト
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事9 / 10点満点中 )
会員数 250万人 週更新 600件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
IT系、外資系、コンサルティング業界などに強い!自己分析ツールNo.1 !転職力を判定する転職力診断テストがオススメ!月間150万人の利用者数で若者に人気があります。

3位 はたらいく

リクルートが運営する『地域密着をテーマとした転職サイト!』
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事8 / 10点満点中 )
会員数 週更新 700件以上
対応エリア 全国 サポート スカウト等
リクルートが運営する地域密着を柱とした転職求人サイトで、企業規模よりも"働き方"や"人間関係"を重視するスタイルを希望する方向けのサイト!地元密着型のサイトでは圧倒的な求人掲載量を誇ります!

転職エージェント

1位 リクルートエージェント

転職成功実績 業界No1!累計約35万人以上の転職実績!!
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事10 / 10点満点中)
会員数 45万人 求人件数 170,000件
対応エリア 全国 特徴 ダントツNo1
リクルート運営の国内最大級の転職エージェントで高い企業認知度を誇り転職決定数NO.1です。業界トップの求人数件数を誇ります!

2位 パソナキャリア

パソナキャリア経由で転職した方の67.2%以上が年収アップ
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事9 / 10点満点中 )
会員数 25万人 求人件数 25,000件
対応エリア 全国 特徴 非公開求人
2016年オリコン日本顧客満足度ランキング 転職エージェント部門No.2。パソナキャリア経由で転職・再就職した方の67.2%以上が年収アップしており、大変質の高い転職エージェントです。さらに利用者の9割以上が転職・再就職に成功しています!

3位 DODA

質・量ともトップクラスの求人情報を紹介!会員数35万人以上!
暇で楽な仕事 ランキング 暇で楽な転職ランキング 楽な仕事 楽 仕事ランキング 楽なランキング 暇で楽な 転職 仕事8 / 10点満点中 )
会員数 35万人 求人件数 150,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
質・量ともトップクラスの求人情報!リクルートエージェントに次ぐ国内No2.あなたの「過去」「未来」を知り、「未来」を見据えたキャリアプランを計画!

ホーム

メニュー

就活対策