トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 キャリアの棚卸しをしてみよう

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 就活対策
  3. キャリアの棚卸しをしてみよう

キャリアの棚卸しをしてみよう

転職・再就職活動をする際は、キャリアの棚卸しをすることが大切です。キャリアの棚卸しは、何かきっかけがないとなかなかできないもの。プラス思考に考えて、これまでの職歴ややり遂げたことなどを思い返し詳しく書き出してみましょう。

キャリアの棚卸しをする際に、大切なポイントとなるのは自己のキャリアを客観的に把握することです。客観的に把握することができなければ、今後の現実的なキャリアを思い描くことができません。

なぜキャリアの棚卸しをする必要があるの?

キャリアの棚卸しをすることによって、あなたがこれまで行ってきた仕事を通じて身に付けたスキルを基準に

・自分の強みや弱み

・こだわりたいことや好きなこと

・やりたいことを実現するために今後行っていくこと

が明確となり、転職・再就職先の方向性が見えてきます。

tanao

キャリアの棚卸しを飛ばして、ただ単純に自分の得意なことや給料の高さ、暇さ、楽さ、知名度、福利厚生の充実度、年間の休日数、定時で帰れる割合などを基準に応募する会社を選択してしまうと、転職・再就職は上手くいかない可能性が高まります。あなた自身の内面と向き合うことも転職・再就職活動の一環です。キャリアの棚卸しは、転職サイトや転職エージェントを活用することによってキャリアアドバイザーによる客観的な診断も可能です。

こちらでオススメの転職サイトや転職エージェントをご紹介しています。

転職サイト比較ランキング

転職エージェント比較ランキング

 

ともに無料で登録することができるので活用してください!

自己分析(キャリアの棚卸し)で書き出すこと

転職・再就職を成功させるためには、「自分の置かれた今の状況・立場」、転職に関して「自分の思い」、そして転職にあたって活用できる「自分の財産」の3点をまずは書き出してみることが大切です。

1. 自分の置かれた今の状況・立場

・体力・健康度合い

・過去の仕事の経験やアルバイトの経験

・扶養家族の有無(配偶者や子ども、両親など)

・経済状況(どの程度貯金があるのかなど)

・職業適性、職業興味(向いている仕事や興味のある仕事は何なのかなど)

・年齡

・現在の精神状態

・現在の働き先の状態。(ブラック企業か否かなど)

2. 自分の思い(人生観、職業観、価値観など)

・暇で楽な仕事でほどほどに働きたい

・精神的に辛い仕事はもう懲り懲り

精神的に楽な仕事であれば食べられるだけの収入があればよい

・やりたい仕事がはっきりと決まっている。

・定年後はのんびりと楽に働きたい

・何も考えなくてもよい単純な仕事で働きたい

・今さら忙しい仕事なんてまっぴらごめん。暇な仕事で働きたい。

公務員団体職員となって世のため人のために貢献したい

・特定の職務で専門性を深めるより、幅広い業務経験を積みたい

・社会への影響力を実感したい

・ゼロからものを生み出すよりも、すでにあるものの活用法を考えたい

・同世代と和気あいあいと働く職場がいい

・家族と過ごす時間を確保できる仕事で働きたい

などの自分の思いを書き出してみましょう。

3. 自分の財産(これまでの人生で得た財産)

・仕事から得たもの(経験や知識、技術、スキルなど)

・特技や趣味

・人生経験

・容姿や風貌

・能力(自分にしかない能力など)

・学歴

・過去の経歴

・自分の性格(長所や短所など)

・資格や特許、受賞歴など

・転職・再就職の際に頼れる友人や知人、家族、親戚など

・体力・体格・健康

・財力

・海外経験の有無

・好きなことや夢中になれること

・成功・失敗の体験から得られた進化や成長

・結婚や出産

これらのことを紙に書けるだけ書き出してみましょう。このように書きだしてみると、自分自身を掘り下げて考えることができるため、どのような仕事で働きたいのかがより明確化しやすくなります。

また、自己分析を行うことにより、履歴書や職務経歴書、面接時にも間違いなく役立つことは間違いありませんよ!!

転職・再就職活動における自己分析は不可欠

短期間に何度も何度も転職・再就職を繰り返す人は、ブラック企業や病気、人間関係が悪すぎるなどの特殊要因を除いて転職・再就職するという意志を固める際のキャリアの棚卸しによる自己分析不足が不十分で合った可能性が高いです。

自己分析をしっかりしないと何度も何度も転職・再就職を繰り返す原因となってしまいます。なぜなら、自分の軸が定まっていないからです。どうしても転職・再就職というと気が焦っていまい自己分析をする前に暇、楽などの企業に応募してしまうことを優先してしまいがちですが、焦りはマイナスしか生み出しません。

どうして今の職場が不満なのか?転職・再就職する目的は何なのか?これからの仕事で得たいものは何なのか?どうしてその会社に入社したいのか?

など転職・再就職する動機から志望動機までがつながれば、必ず職務経歴書の作成や面接時にもあなたの良い面を伝えやすくなります。

暇で楽な仕事で働くためにも、あなたの内面奥深くまで自己分析をすることにこだわり続けましょう!!

参考:キャリアカウンセリングを活用してみよう

   より具体的なキャリアプランを考えていこう

ホーム

メニュー

就活対策