トップ

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 面接は場慣れが必要

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

楽な仕事総合ランキング

楽な仕事転職サイトランキング

楽な仕事エージェントランキング

  1. トップページ
  2. 就活対策
  3. 面接は場慣れが必要

面接は場慣れが必要

面接を複数回こなして場慣れしていこう!

目的とする暇で楽な仕事へ転職・再就職を成功させるためにも、面接を複数回こなして場慣れすることが大切です。

面接を複数回こなすことにより、以下でご紹介するような面接前の事前準備や当日の対応、面接時の受け答え、好印象を持たれるコツ、失敗しない対応方法、あがり症の克服する術などを少しずつ改善することができます。

誰でも、久しぶりの面接では緊張してしまうものです。そのため少しでも緊張感をほぐすためにも面接の雰囲気に慣れることが重要なのです。

面接は、一生を左右する重要な場です!!

そのため本命の暇で楽な会社では働くためにも、恥を恐れずに積極的に複数の会社へ応募して面接慣れしていきましょう!

※面接は「相手からの一方的な質問攻勢を迎え撃つ」といったものではありません。自分が仕事に対して自信やこだわりを持っていること、これからやりたいと思っていることなどを「伝えるチャンス」だと捉えて、前向きな気持ちになって臨んでいくことが大切です。

参考:転職面接の流れとチェックポイント

   面接官が本当に知りたい!面接でよく聞かれる10の質問

   転職面接で失敗しないための11のコツ

   面接は「言葉のキャッチボール」を意識しよう

   役員面接のコツ

面接は場慣れが必要

面接は第一印象が大切

面接は、第一印象が一番大切です。そのため第一印象を少しでも良くするためにも、下準備は念入りに行い本番になって慌てないようにしていきましょう。

面接時の事前準備でできること

1. ワイシャツやブラウスをクリーニングに出しておく。

2. スーツをチェックし、汚れや穴が空いていないか確認する。

3. ネクタイが面接時にふさわしいものであるか確認する。

4. 鞄や靴を確認し、就活時にふさわしいものであるか確認する。

5. 爪の伸びすぎに注意し、長すぎる場合は切っておく。

6. 茶髪や金髪、長髪はNGなため、黒髪で手入れの行き届いた髪型にしておく。

7. スーツに合うカバンを選ぶ。(リュックサックなどのカジュアルなバックはNG。)

 

面接前日の準備でできること

1. 面接先の社名や担当者名、連絡先、場所、現地までの所要時間、集合時間、事業内容などを確認しておく。

2. 履歴書や職務経歴書に記載した志望動機を再度確認しておく。

3. 前職を辞めた場合は、会社を辞めた理由を考えておく。また、無職期間がある場合も同じくその理由を考えておく。

4. 面接で聞かれる内容を想定して、当日言葉が詰まることがないようにしておく。(自分の強みやセールスポイント、興味のあることを再確認し、どのようにアピールするのかを考える。)

 

面接当日の身だしなみや所持品確認

1. 鞄やハンカチ、筆記用具、時計、携帯電話、履歴書、財布、面接資料などを持っているか家を出る際に再度確認する。

2. ワイシャツやブラウス、スーツ、ネクタイにシワがないか確認する。

3. 髪やひげ、爪や靴が整っているか家を出る際に確認する。

4. 口臭、香水などは気にならないか確認する。

5. 汗や脂で顔にテカリが出ていないか確認する。

面接における第一印象を良くするため。そして、面接直前になって慌てないためにも、これらのことは事前にチェックしておきましょう!

面接は自分を売り込む場だと考えよう

面接では、試験ではなく、営業だと考えましょう。あなたという人物をいかによく見せて、売り込むかが重要です。

自分自身のウリは何なのか?を自己認識し、自信を持って全力で自分を売り込まないと、買い手(採用担当者)の心は動きません。

売り手(求職者)は、何十人、何百人といるのです。買い手である採用担当者は、その何十人、何百人の中からベストの数名を採用するのです。

明らかにやる気のない人や努力の足りない人、すぐに辞めそうな人、前の会社の悪口ばかり言っている人は、まず雇われません。

そのため事前の準備や過程が大切なのです。

※目的の暇で楽な会社に転職・再就職するためにも、応募先の会社のニーズに合わせて話す内容を上手く編集(伝えるべきことと伝えなくていいことを見極めること)していきましょう!

面接官に好印象を持たれるコツ

面接で、採用の合否の鍵を握るのは面接官です。どうすれば面接官に好印象を持ってもらうことができるのでしょうか?

業界、業種、職種を問わず、ほとんどの面接官に好印象を持たれる共通条件は、

・20代は「素直さ」

・30代以降は「頼みやすさ」

まずは、あなたが新入社員を受け入れる立場になって考えてみてください。

20代の若手の新入社員が入社してきたら、口応えせずに素直に指示やアドバイスを「素直に」聞いてくれる新人だと扱いやすいですよね?それと同じです。

30代以降の転職者、再就職者である場合、20代の先輩が上司になる場合も多々あります。たとえ部下でも大なり小なり気を使います。その時、一番重要なのは「頼みやすさ」です。 仕事に関する要件を頼みやすい雰囲気のある方は、30代以降であっても好印象を持たれやすいでしょう。

そのような印象を面接官に持ってもらうことができるように、相手の立場にたった聞き上手な面接対応を心がけていきましょう。

面接時のあがり症の克服術

あがり症の方は、面接準備を疎かにしてはいけませんが、面接当日は「なるようになれ」といった開き直りの気持ちも必要です。よく見せよう、失敗はできないという気持ちが強すぎると余計に緊張してしまいます。あがり症だからといって諦めず、求められている職務能力があることをアピールしてください!

万が一、あがってしまい言葉が出ないときは、「申し訳ありません。少し緊張しています。」と面接官に伝えることも重要です。面接はお互いが初対面で、少なからず緊張した雰囲気があります。そのような場で緊張していますと言えば、緊張した空気が和らぎ、面接官が「そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ!」と言葉を投げかけてもらうことができますよ!

就活における面接のコツ 知っていることを全部話してはダメ!

誰でも最初から面接が得意だったわけではありません。面接を上手くこなすためのコツは場に慣れることです。なぜなら、筆記試験や実技教習などと違っておおよそこの辺が出るだろうというポイントが面接ではありません。もちろん最低限聞かれるポイントとして、自己PRや志望動機などがありますが、その他は何が聞かれるか面接官によります。

自己PRと志望動機は、挨拶のようなもの。挨拶をもとに話を膨らましていくのが面接です。

場慣れをしていくと、話してもよい内容、話さなくてもよい内容が分かってきます。

馬鹿正直に素直に答えるだけでは他の人と差別化することは難しいでしょう。少しでもあなたを良く見てもらえるよう努力しなければなりません。

絶対にNGなのは、以前勤めていた会社や上司の悪口をドンドンいうことです。

「給料が安くて生活するのも精一杯でした。しかも残業も多いしとにかく最悪でした。」

「上司もパワハラばかりするし、ブラック企業で早く退職したくて仕方なかったです。」

「前職から学べるところはほとんどなく、人生の糧になりませんでした。」

などを、職務経歴書や履歴書に書いたり、面接時に言ったりすると、まず間違いなく不採用になります。

なぜなら、このようなことを書けば、人間性に問題あり、社交性がない、コミュニケーション能力がないなどと判断されてしまうからです!!

余計なことは言わなくてもよい、空気を読めという日本の面接における暗黙の了解があります。それを無視して自分の好き放題思っていることを言ってしまうと落とし穴にはまってしまいます。

後ろ向きの退職理由は自ら損するだけです。ネガティブな退職理由をいかに工夫して、ポジティブに聞こえるように変換するかも社会人としての面接のテクニックの1つです。

面接官へ、この転職・再就職は未来へ向けてのステップアップであるということを自分の言葉で伝えていけるように、少しでも前向きな発言をするよう心がけていきましょう!

例えば、「新しくやりたいことを見つけた」や「今後はこういった仕事を遂行したい」といった前向きの理由を伝えることが大切です!

採用担当者にとっては、採用後に勤続が可能かどうかは極めて重要なポイントですので、辞めた理由については神経をとがらせています。そのため応募者の答え方があいまいな場合は、大きな減点になりますので注意しましょう。

そして、万が一目標としている会社に落ちても気分的に落ち込まないことです。面接の練習ができてラッキーぐらいに思わなくてはなりません。社交性を身につける練習だとプラス思考で考えることができれば、きっと面接の達人になることができるでしょう。

 

参考:失敗しない履歴書の書き方人事の目に留まる職務経歴書の書き方をマスターしよう就職活動時の秘訣最低限これだけは!応募マナーを知っておこう

ホーム

メニュー

就活対策